ロベール・ニヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール・ニヴェル
Robert Georges Nivelle
General nivelle.jpg
生誕 1857年10月15日
コレーズ県 チュール
死没 1924年3月22日(満66歳没)
パリ
所属組織 フランスの旗フランス陸軍
軍歴 1878 - 1921
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

ロベール・ジョルジュ・ニヴェル(Robert Georges Nivelle, 1857年10月15日-1924年3月22日)はフランスチュール出身の陸軍軍人で、第一次世界大戦におけるフランス軍の指揮において主導的な役割を果たした一人。

経歴[編集]

フランス人のイギリス人のの子として生まれ、1878年にエコール・ポリテクニークを卒業し、砲兵少尉に任官。1887年には大尉となった。中国遠征軍で任務をこなしたほか、仏領インドシナアルジェリアなど当時の植民地へ赴任した。1913年砲兵大佐1914年に第一次世界大戦が勃発し、マルヌ会戦を戦った後、准将に昇格。1915年2月少将、同年12月中将となる。1916年ヴェルダンの戦いにおいてフィリップ・ペタンを補佐し、ドゥオモン堡塁、ヴォー堡塁の奪還などに活躍した。その功績もあって12月12日ジョゼフ・ジョフルに代わって陸軍総司令官となる。

イギリス陸軍と共同で戦局を打開するためにフランス陸軍120万人を動員する大規模な攻勢を企図。ニヴェル攻勢と呼ばれたこの戦いで連合軍はドイツの陣地を突破できず、英仏両軍で35万人の死傷者を出した(独軍は31万人)。事前に勝利を約束したニヴェル率いる指導部は非難と逆命にさらされた。ニヴェルは北アフリカに左遷され、後任にはフィリップ・ペタンが就いた。1921年退役。パリで没。