アルベール・ルブラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベール・ルブラン
Albert Lebrun
Albert Lebrun 1932 (2).jpg

フランスの旗 フランス共和国
第15代大統領
任期 1932年5月10日 – 1940年7月11日

出生 1871年8月29日
フランスの旗 フランス共和国ムルト=エ=モゼル県、メルシー=ル=オート
死去 1950年3月6日(満78歳没)
フランスの旗 フランスパリ
政党 共和左派→
民主同盟(民主共和同盟)

アルベール・ルブランフランス語: Albert Lebrun, 1871年8月29日1950年3月6日)は、フランス政治家。第15代大統領(フランス第三共和制)。中道右派・民主同盟(民主共和同盟)所属。

1871年8月29日ムルト=エ=モゼル県、メルシー=ル=オートの農家に生まれる。エコール・ポリテクニークパリ国立高等鉱業学校をそれぞれ優秀な成績で卒業する。その後、ヴズーナンシーで鉱山技師として働く。しかし、政治への関心が抑えきれず、1900年29歳の時に鉱山技師を辞し、総選挙に共和左派から立候補し当選する。1912年植民相。1913年陸相兼自由県担当相。1917年に民主同盟結成に加わり、1920年ムルト=エ=モゼル県から国会議員に選出される。1925年から1929年まで元老院(上院)副議長を経て、1931年元老院議長に選出された。

1932年、ポール・ドゥメール英語版が暗殺され後継大統領となり、1939年には再選されたが、国際情勢はアドルフ・ヒトラーの台頭によって風雲急を告げ、大統領として手腕を発揮できる状況とは程遠かった。1940年フランスはナチス・ドイツに降伏。ルブランは大統領職を公式に辞任しなかったが、傀儡政権とされるヴィシー政権が成立し、国家主席にフィリップ・ペタンが就任した。ルブランは、7月15日にグルノーブル郊外のヴィジルフランス語版へ避難するが、1943年8月27日にはドイツ軍に拘束され身柄をチロルに移送される。10月10日健康状態の悪化を理由にヴィジルに戻るが、引き続きドイツによる軟禁状態に置かれた。

1944年8月9日連合国の攻勢でフランスが解放されると、ルブランも解放された。シャルル・ド・ゴールと会見し、大統領を正式に辞した。以後、政界を引退し、パリに隠棲した。1950年3月6日パリで肺炎のため死去。

外部リンク[編集]

先代:
ポール・ドゥメール英語版
フランスの旗 フランス共和国大統領
1932年 - 1940年
正式な辞任は1944年
次代:
ヴァンサン・オリオール