ジョルジュ・ポンピドゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ポンピドゥー
Georges Pompidou
Georges Pompidou - Bundesarchiv B 145 Bild-F020538-0006.jpg

任期 1969年6月20日1974年4月2日

任期 1962年4月14日1968年7月10日
元首 シャルル・ド・ゴール

出生 1911年7月5日
フランスの旗 フランス カンタル県 モンボーディフ
死去 1974年4月2日(満62歳没)
フランスの旗 フランス パリ サン=ルイ島
政党 フランス国民連合
新共和連合

ジョルジュ・ジャン・レイモン・ポンピドゥー(Georges Jean Raymond Pompidou 発音例1911年7月5日 - 1974年4月2日)は、フランス政治家シャルル・ド・ゴール大統領の下で首相(在任 1962年4月16日 - 1968年7月13日)。フランス第五共和政第2代大統領(在任 1969年6月20日 - 1974年4月2日)。日本の報道関係では慣用的にポンピドーと表記することが多い。また、ポンピドゥ(こちらの方がフランス語の発音に忠実)、ポンピドウなどの表記もある。

生涯[編集]

両親が教育者の家に生まれたポンピドゥーは、パリの名門リセであるルイ・ル・グラン校で学んだ。1931年、パリの高等師範学校に入学を果たし、1934年には文学のアグレガシオン(1級教員資格)を取得。卒業後はまずマルセイユで、次いでルイ・ル・グラン校と並ぶパリの名門リセ・アンリ4世校で教鞭を執った。

第二次世界大戦中は対独レジスタンス運動に参加。パリ解放後はシャルル・ド・ゴール将軍首班の政府において官房の職に就き、国務院調査官などを経て、1954年から1958年までロスチャイルド銀行頭取。1958年、ド・ゴールが首相として政界復帰を果たすと官房長官を務めた後、ド・ゴール大統領の下で1962年4月16日から1968年7月13日まで首相を務めた。

ド・ゴール引退後の1969年6月15日の大統領選挙において、58.22%の得票率で当選した。ド・ゴールの後継者として登場しつつも、「連続と開放」を掲げていくつかの点で軌道修正を図った。例えば、外交面においては、イギリスのEC加盟を支持する姿勢をとり、イギリスは1973年に欧州共同体加盟を実現させた。同年に起こった石油危機への対応に追われる中、大統領在任中の1974年に白血病で死亡した。

関連項目[編集]

先代:
ミシェル・ドブレ
フランスの旗 首相
1962年 - 1968年
次代:
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
先代:
シャルル・ド・ゴール
フランスの旗 大統領
1969年 - 1974年
次代:
ヴァレリー・ジスカール・デスタン