ミシェル・ドブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・ドブレ
Michel Debré
Michel Debré.jpg

任期 1959年1月8日1962年4月14日
元首 シャルル・ド・ゴール大統領

出生 1912年1月15日
パリ
死去 1996年8月2日(満84歳没)
パリ
政党 共和国民主連合(UDR)

ミシェル・ドブレMichel Debré1912年1月15日 - 1996年8月2日)は、フランス政治家シャルル・ド・ゴール大統領の下で、1959年から1962年まで第五共和政における最初の首相を務めた。

1912年医師ロベール・ドブレ Robert Debréの子としてパリに生まれる。父ロベールは当初ユダヤ教徒であるとされたが、結婚を機にカトリックに改宗したといわれる。

第二次世界大戦中は、ド・ゴールの同僚として活躍した。戦後、ド・ゴール派に参加し、1958年司法相、1959年首相、1966年経済財政相蔵相)、アンボワーズ市長(1989年まで)、1968年外相を歴任した。また、ドゴール辞任後、ジョルジュ・ポンピドゥ大統領の下で国防相を務めた。

また、ドブレは第五共和政の基礎確立に努め、憲法評議会議長として憲法(1958年憲法と呼ばれる)制定に尽力した。

家庭的にはドブレはヴァンサン、フランソワ、ベルナール、ジャン・ルイの四人の男の子に恵まれた。系譜については、Debré familyも参照。

1981年のフランス大統領選挙 French presidential election, 1981に立候補したが、第1回投票では1.66パーセントしか得票できず惨敗した。


公職
先代:
ピエール・メスメル
フランスの旗 フランス共和国国防大臣
1969 - 1973
次代:
Robert Galley
先代:
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
フランスの旗 フランス共和国外務大臣
第12代:1968 - 1969
次代:
モーリス・シューマン
先代:
ヴァレリー・ジスカール・デスタン
フランスの旗 フランス共和国財政大臣
1966 - 1968
次代:
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
先代:
シャルル・ド・ゴール
第四共和政
フランスの旗 フランス共和国首相
第五共和政初代:1959 - 1962
次代:
ジョルジュ・ポンピドゥ
先代:
André Boulloche
フランスの旗 フランス共和国国民教育大臣
(暫定)1959 - 1960
次代:
Louis Joxe
先代:
Robert Lecourt
フランスの旗 フランス共和国司法大臣
1958 - 1959
次代:
Edmond Michelet
先代:
Vincent Badie
フランスの旗 フランス共和国建設・住宅大臣
(暫定)1958
次代:
Edmond Michelet
先代:
Pierre Garet
フランスの旗 フランス共和国
祖国・戦争被害担当大臣

(暫定)1958
次代:
前任:
ルイ・ド・ブロイ
アカデミー・フランセーズ
席次1

第17代:1988年 - 1996年
後任:
フランソワ・フュレ