マニュエル・ヴァルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
マニュエル・ヴァルス
Manuel Valls
Valls Toulouse 2012.JPG
生年月日 1962年8月13日(52歳)
出生地 スペインの旗 スペインバルセロナ
出身校 パリ第1大学トルビアック歴史学部卒業
前職 広報アドバイザー
所属政党 社会党
配偶者 アンヌ・グラヴォワン

内閣 マニュエル・ヴァルス内閣
任期 2014年3月31日 - 現職
大統領 フランソワ・オランド

内閣 第1次ジャン=マルク・エロー内閣
第2次ジャン=マルク・エロー内閣
任期 2012年5月16日 - 2014年3月31日
大統領 フランソワ・オランド

選挙区 エソンヌ県第1選挙区
当選回数 3回
任期 2002年6月20日 - 2012年7月21日

エヴリー・サントル・エソンヌ都市圏共同体議長
任期 2008年4月7日 - 2012年7月9日

任期 2001年3月18日 - 2012年6月3日
テンプレートを表示

マニュエル・カルロス・ヴァルスフランス語: Manuel Carlos Valls1962年8月13日 - )は、スペインバルセロナ生まれのフランス政治家(姓の日本語表記は「バルス」も見られる[1])。現在、同国首相。前政権のエロー内閣では内務大臣を務めた。

人物・来歴[編集]

カタルーニャ人の画家シャヴィエ・ヴァルス (esとイタリア系スイス人の母との間に生まれ、1982年にフランス国籍を得た。

1980年に政治活動を開始して、学生組合の活動に加わる。1983年から1986年まで国民議会議員の秘書になり、24歳のころにイル=ド=フランス地域圏議会議員に当選した。

1997年国民議会選挙で落選し、その後1997年から2002年まで首相であったリオネル・ジョスパンの広報アドバイザーを務めた。

2012年5月発足のジャン=マルク・エロー内閣で内務大臣に就任した。2014年3月の統一地方選挙で社会党は大敗し、エローの首相辞任に伴いフランソワ・オランド大統領より後継の首相に任命された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
クリスチャン・オリヴィエ
エヴリー市長
2001年 - 2012年
次代:
フランシス・シュア
先代:
ジャン・アルツ
エヴリー・サントル・エソンヌ都市圏共同体議長
2008年 - 2012年
先代:
クロード・ゲアンフランス語版
内務・海外県・海外領土・地方自治体・移民大臣
フランスの旗 内務大臣
2012年 - 2014年
次代:
ベルナール・カズヌーヴフランス語版
先代:
ジャン=マルク・エロー
フランスの旗 首相
第五共和政第21代:2014年 -
現職