ジャン=ピエール・ラファラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ピエール・ラファラン
Jean-Pierre Raffarin
Jean-Pierre Raffarin par Claude Truong-Ngoc 2013.jpg
生年月日 1948年8月3日(65歳)
出生地 フランスポワチエ
出身校 パンテオン=アサス大学
ESCP EUROPE
所属政党 国民運動連合
配偶者 Anne-Marie Raffarin

任期 2002年3月6日 - 2005年3月31日
元首 ジャック・シラク

フランスの旗 フランス共和国経済財務大臣
任期 1995年 - 1997年

任期 1997年 - 2002年
テンプレートを表示

ジャン=ピエール・ラファラン (Jean-Pierre Raffarin 1948年8月3日 - ) はフランス政治家国民運動連合所属、元首相

フランスのポワチエ生まれ。父親は元農業副大臣。1995年から1997年まで商工大臣を務めた。シラク大統領の指名を受け、2002年5月6日から首相。フランスの政治家に多い国立行政学院(ENA)の出身者ではないが、同校と同じグランゼコールの一つパリ高等商業学校(ESCP-EAP)の出身。卒業後は広告業界に身をおいていたが、ヴァレリー・ジスカール・デスタンの支持者として政治に関わるようになる。

プトレマイオス1世を尊敬しており、プトレマイオス1世に非常に似ている。 また、ポール・バラスに似ていると云われている。

移民の受け入れに賛成しており、差別右翼共産主義に反対している。愛国心を持っているが、世界の協調を目指している。 就任当初は庶民派として人気が高かった。2005年5月31日欧州憲法批准の国民投票で反対が過半数を超えた事を受け、首相職を辞任した。

英語が苦手のようで、会見で「Win the Yes need the No to win against the No」という意味不明のスピーチをし、有料チャンネルテレビ局カナル・プリュスの政治風刺人形劇「ギニョール」(les guignols de l'info)でしつこくネタにされた。

2013年から高松宮殿下記念世界文化賞国際顧問に就任。

外部リンク[編集]

先代:
リオネル・ジョスパン
フランスの首相
2002年 - 2005年
次代:
ドミニク・ガルゾー・ド=ビルパン