ESCP EUROPE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ESCP EUROPEはフランスのグランゼコールの一つ。1819年パリに設立された世界で最も古い歴史を持つビジネススクールであり、かつてはパリ商業高等学校と呼ばれていたが[1]近年の改革により、今ではロンドンベルリンマドリッドそしてトリノのEU(欧州連合)中心国にもキャンパスを設置し、EAPとも合併し改名した。

フィナンシャル・タイムズの教育機関評価(経営部門)で2010年に世界1位にランキングされるなど、経済学・経営学の学術・技能機関として世界的に非常に高い評価を受けている[2][3]。尚、Executive MBAでは世界で21位にランクインしている。[4]

ESCP EUROPEの教育課程は次の国際認証機関(AACSB、EQUIS, AMBA)に認証されている。 

歴史[編集]

1819年、経済学者ジャン=バティスト・セイとビジネスマンのヴィタル・ルーは他の経済学者達と共に、ラザール・カルノとギャスパール・モンジュが設立したエコール・ポリテクニックを模範に世界で初の高等商業専門学校を設立した。[5] だが、当初は規模も小さく、国の援助を一切受けていなかった。19世紀の間に学校は少しずつ拡大し、世間に認められてきた。1859年にパリ市内のRepublique大通りに引越し、現在もそこを拠点としている。20世紀には経営学が発展し、それと同時にESCP EUROPEはグランゼコールの中でも特に注目を浴びるようになった。そのため、20世紀中ごろには、エリート校の一つとなり、他のグランゼコールと同様に、入学を希望する学生は高校卒業後、入学選抜試験を受けるための予備大学(プレパとも呼ばれている)で2-3年の厳しい勉強を余儀なくされるようになった。

ESCP EUROPEは設立以来国際的な学校である。1824年には、118人の学生の内、留学生が30%近くを占めた。(そのうちスペイン人7人、キューバ人2、ブラジル人5人、オランダ人5人、ドイツ人4人、ギリシャ人2人、ポルトガル人2人、アメリカ人2人、チリ人2人、イタリア人1人、スウェーデン人1人、ロシア人1人、ハイチ人1人とサヴォワ人1人であった。 )[6] 外国語学習は設立以来積極的に取り入れられ、フランス語文法のほかに英語ドイツ語スペイン語のコースもあった。1873年、ESCP卒業生協会(Alumni Association)が設立され、1921年には第一次大戦後の混乱の為、計画よりも遅れて、ソルボンヌ大学の大講堂で百周年を祝った。

1973年にESCP EUROPEはイギリス(元オックスフォード、2005年以来ロンドン)とドイツ(元デュッセルドルフ、1984年以来ベルリン)にキャンパスを開いた。続いて1988年にスペイン(マドリッド)と2004年にイタリア(トリノ)に新しくキャンパスを開いた。イギリスの現キャンパスは元ニュー・カレッジ(ロンドン大学とURC神学大学の合同学校)の建物内にある。

2011年ESCP EUROPEはフランス国立行政学院(ENA), フランス国立工藝院(CNAM), ソルボンヌ大学と一緒に人文科学の研究とより高度な教育を目指す目的で新しい教育機関であるHESAMを設立した。[7]

著名な卒業生[編集]

この学校の卒業生の中には経営や政治の世界で活躍している著名人も多数いる。

注釈[編集]

  1. ^ Focus On - Generation Europe Foundation - Business schools and career opportunities”. 2013年4月29日閲覧。
  2. ^ Financial Times Master in Management Ranking 2010”. 2013年4月29日閲覧。
  3. ^ Financial Times Master in Management Ranking 2012”. 2013年4月29日閲覧。
  4. ^ Financial Times Executive MBA Ranking 2012”. 2013年4月29日閲覧。
  5. ^ Focus On - Generation Europe Foundation - Business schools and career opportunities”. 2013年4月29日閲覧。
  6. ^ Servan Schreiber Sabine (1994) Les Epices de la République, ESCP – Itinéraire d’une Grande Ecole, 1819–1994, CpL.
  7. ^ Novi Mundi Université (page 34)”. 2013年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]