モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
Maurice Couve de Murville
Maurice Couve de Murville.jpg

任期 1968年7月10日1969年6月16日
元首 シャルル・ド・ゴール大統領

出生 1907年1月24日
マルヌ県 ランス
死去 1999年12月24日(満92歳没)
パリ
政党 共和国民主連合(UDR)

モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィルMaurice Couve de Murville1907年1月24日 - 1999年12月24日)は、フランス外交官政治家シャルル・ド・ゴール大統領の下10年に渡って外相をつとめ、第5共和制の独自外交の礎を築いた戦後フランスを代表する外政家である。1968年から1969年まで首相を務めた。

マルヌ県ランス出身。生家はプロテスタントの旧家で、1925年までクーヴ家を名乗っていたが、彼の父の代になって、ド・ミュルヴィルを付け加えた。

1930年会計検査院に入る。1940年ヴィシー政権が成立すると対外財務担当長官に就任する。1943年3月に米軍が北アフリカに進出すると、ヴィシー政権から離れ、自由フランスに投じた。ヴィシー政権の高官では数少ない一人である。クーヴ・ド・ミュルヴィルは、スペイン経由でアルジェに逃亡し、ここでアンリ・ジロー将軍の指揮下に入った。1943年6月7日フランス国民解放委員会(CFLN)財政担当委員に就任した。2ヶ月後、シャルル・ド・ゴールと合流し、1945年フランス共和国臨時政府(GPRF)で大使級となりイタリアに派遣された。

戦後、1950年駐エジプト大使、1954年北大西洋条約機構NATO)担当大使、1955年駐米大使、1956年駐西独大使を歴任する。 1958年ド・ゴールが政権に復帰すると、外務大臣に任命される。以後、ミシェル・ドブレと交代するまで10年の長きにわたり外相職にあって、ドゴール主義に基づく独自外交を展開した。1968年蔵相を短期間務めた後、ジョルジュ・ポンピドゥの後任として首相に就任する。ポンピドゥが大統領に当選し、首相をジャック・シャバン=デルマスと交代した。

その後もド・ゴール派の議員として活躍し、共和国民主連合、共和国連合に所属した。1986年上院議員(元老院議員)となり、1995年まで務めた。1999年パリで死去。92歳。

関連図書[編集]

著作物[編集]

  • Une politique étrangère, 1958-1969 (1971). ISBN unknown
  • Le Monde en face (1989). ISBN 2-259-02222-7
先代:
André Diethelm
自由フランス財政担当委員
1943年
次代:
ピエール・マンデス・フランス
先代:
ルネ・プレヴァン
外相
1958年 - 1968年
次代:
ミシェル・ドブレ
先代:
ミシェル・ドブレ
経済・財政相
1968年
次代:
フランソワ=グザヴィエ・オルトリ
先代:
ジョルジュ・ポンピドゥ
フランスの首相
1968年 - 1969年
次代:
ジャック・シャバン=デルマス