CFMインターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CFMインターナショナル
企業形態 航空宇宙
業種 航空機エンジンの生産
設立 1974
製品 ターボファンエンジン
株主 GE アビエーションスネクマ
ウェブサイト http://www.cfmaeroengines.com

CFMインターナショナル (CFM International) はアメリカのGE・アビエーションフランススネクマ合弁事業である。CFM56シリーズのジェットエンジンの製造と保守に特化したジョイント・ベンチャーである。

CFMインターナショナルとCFM56シリーズの名前は親会社である2社の民間機用エンジンであるGEのCF6とスネクマのM56に由来する。

将来[編集]

CFM インターナショナルでは現在LEAP-Xとして知られる新型エンジンの計画が進行中である。 [1] CFM56-5B と CFM56-7の後継機と位置付けられている。LEAP56では複合材の使用が増える事により10-15%燃費が向上する。ボーイング737MAXエアバスA320neoへの搭載が想定される。CFMにとっての主な競合社はインターナショナル・エアロ・エンジンズだが、同社に次世代エンジンの開発の動きは無く、IAEのメンバーであるロールス・ロイスプラット&ホイットニーは独自設計のエンジンをボーイング737MAXとエアバスA320neo向けに目下開発中である。

また、CFM社は次機種LEAP-Xとオープンローター型エンジンの開発を並行して進めるとしている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ GE - Aviation: LEAP56TM Technology: Raising the Bar Even Higher
  2. ^ [1]CFM partners renew vows, launch Leap-XCFM reveals next-generation engine plansCFM International Increases Open-Rotor

外部リンク[編集]