ユーロプロップ・インターナショナル TP400

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーロプロップ インターナショナル TP400-D6とは、エアバスA400M用に開発中のターボプロップエンジンである。西側では最も高出力のターボプロップエンジンになる予定である。 現在までの世界最大の出力のターボプロップエンジンはロシアのツポレフTu-95シリーズに使用された11,185 kW(15,000shp)出力のクズネツォフNK-12MPエンジンである。

デザイン[編集]

ユーロプロップインターナショナル TP400-D6 エンジン パリ エアショー 2007

エンジンは2軸のガス発生機と3番目の出力軸がある。8葉の5.3m径の複合材でできたプロペラをギアボックスで減速して回転させる。ガス発生機は中圧が5段圧縮機で高圧が6段である。パワータービンは3段である。

最大出力は10690shpで圧縮比は約25:1でタービン入り口温度は1500Kである。

2005年10月28日に最初の運転を行った。2006年2月28日初めてプロペラを回転させた。しかしながら、試験段階で燃焼室の性能に問題があることが発見されており、C-130テストベッドに装備しての飛行試験は大幅に遅れ2008年後半となった。本エンジンの開発の遅れを主因としてエアバスA400Mの実用化も大きく遅れている。

ユーロプロップ社[編集]

ユーロプロップ社は合弁企業である。[1]

分担[編集]

分担部位[編集]

  • ロールスロイス
エンジン 全体
HP 圧縮機
LP 軸
中部容器
軸受け支持構造体
  • スネクマ
圧縮機
HP タービン
Powerplant installation
潤滑装置
始動装置
エンジン制御システム(MTUと共同)
補機 ギアボックス(イスパノ・スイザと共同)
  • MTU
IP コンプレッサー
IP タービン
IP 軸
エンジン制御システム(スネクマと共同)
エンジンテスト
最終組み立て
  • ITP
パワータービン
External dressings
前部軸受け支持
Turbine exit casing
Special test equipment
Extensive engine testing
排気ノズル

TP400-D6エンジンの作業分担は国別の出資率に比例する。[2] [3]

その他[編集]

8ヶ国が174機のA400Mを注文している。内訳は、 ドイツ (53), フランス (50), スペイン (27), イギリス (22), トルコ (10), ベルギー (7),マレーシア (4) とルクセンブルク (1)。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]