イスパノ・スイザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスパノ・スイザのエンブレム

イスパノ・スイサHispano-Suiza )はスペインで創業した企業で、自動車エンジンの設計、戦争を前後して兵器も開発した。現在はフランスのグループ企業であるサフラングループの傘下に入っている。

歴史[編集]

1898年スペイン軍の砲兵指揮官であったエミリオ・デ・ラ・クアドラ(Emilio de la Cuadra )は、バルセロナで電気自動車会社の「ラ・クアドラ」を設立した。デ・ラ・クアドラはパリの街でスイスの技術者マルク・ビルキヒトと出会い、彼の才能を買って雇用した。

1902年に会社のオーナーがJ・カストロに変わり、社名もスペインとスイスを意味する「ファブリカ・イスパノ・スイザ・デ・オートモービル (Fábrica Hispano-Suiza de Automóviles )」となったが、翌年に倒産した。

1904年、再びJ.カストロの下で「ラ・イスパノ・スイザ・ファブリカ・デ・オートモービル (La Hispano-Suiza de Automóviles Fábrica )」 が再建され、翌年に4台のエンジンが販売された。再建した会社は乗用車、トラックを大量生産、手作業でレーシング高級車を少数製造した。

高級車の市場はスペインよりもフランスの方が非常に大きいことを確認し、第一次世界大戦前の1911年パリ郊外のルヴァロワ・ペレに新しい工場が建設された。1914年には、より大きな工場があるボワ・コロンベへ移り、「イスパノ・スイザ」の名で販売を始めた。高級車ブランドとして大きな成功を収めたほか、航空エンジンの製造会社としても成功した。

バルセロナの工場は第二次世界大戦後1946年まで運転された。その後も航空エンジンを中心に操業を続けたが、1968年に、フランスのスネクマ(現在のサフラン)によって買収され、現在に至る。

外部リンク[編集]