アリソン 250

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリソン 250-C20B

アリソン モデル 250 (Alison Model 250) は、1960年代初期にアメリカ合衆国の航空エンジン製造会社であるアリソン・エンジン社によって開発された、非常に成功を収めたターボシャフト/ターボプロップエンジンのシリーズであり、米軍指定ではT63と呼ばれている。

アリソン・エンジンは1995年イギリスロールス・ロイス plcに買収され、同社の子会社となった。

特徴[編集]

Model 250は、ロールスロイス社によって製造されているエンジンの中では、最高の販売台数を誇る。このエンジンは多数のヘリコプターと小型の固定翼機に使用されており、総生産数はおよそ30,000基、現在までの総運転時間は1億8000万時間にも達する。これらのうちおよそ16,000基は、現在も世界中で使用中である。開発当初は317SHPであった出力も、このシリーズの最新モデルでは715SHPに達している。[1]

アリソンは、Model 250のために「トロンボーン」スタイルと呼ばれる、変わった構成のエンジン設計を採用した。空気は従来の吸気(インテーク)から軸流圧縮機遠心式圧縮機を通り、180度方向を変えて燃焼室へ導かれる方式を採用している。

圧縮機(コンプレッサー)[編集]

250 C20B[編集]

コンプレッサーローター・アセンブリは軸流6段、遠心1段の軸流遠心結合型である。コンプレッサー回転数(N1)が100%の時には、50,970rpm で回転している。この時1秒間に44.5ft3(13.6m3)の空気を吸入して、7気圧圧縮する。この圧縮された空気は燃焼パワータービン冷却のために供給され、この時の空気温度は、260に達する。

この高温高圧の圧縮空気は、燃料コントロールや、エンジンの防氷の他、機体側の要求に応じて暖房やパーティクルセパレーターの異物排出等にも使用する事ができる。この圧縮空気の取出しは遠心圧縮機後方のディフーザースクロールから行われる。

圧縮機五段に設けられた抽気弁から空気を逃がすことにより、圧縮機の失速(ストール)を防止し、加速特性を改善している。この抽気弁の開閉はディフーザースクロールからの抽気によってコントロールされており、エンジンの運転状態に応じて行われる。

このエンジンは最大で、420SHPの出力を取り出す事が可能である。しかし圧縮機を100%で駆動させるには、800SHPもの出力が必要であり、実際には1220SHPを発生している事になる。すなわち、発生した出力から圧縮機駆動分の800SHPを引いた残りである、420SHPが利用できる出力となる。

性能・主要諸元[編集]

250 C20B[編集]

  • 温度
    • 圧縮機出口温度: 260
    • 燃焼室内温度: 1700~1800℃
    • タービン出口温度: 810℃(最大)
  • 燃料消費率
    • 0.709 lb/Hr/SHP: タービン出口温度 650℃
    • 0.665 lb/Hr/SHP: タービン出口温度 690℃
    • 0.650 lb/Hr/SHP: タービン出口温度 738℃/巡航最大出力
    • 0.650 lb/Hr/SHP: タービン出口温度 779℃/連続最大出力
    • 0.650 lb/Hr/SHP: タービン出口温度 810℃/離陸出力
  • 燃料流量
    • 70 lb/HR: グランドアイドル
    • 197 lb/Hr: タービン出口温度 650℃
    • 221 lb/Hr: タービン出口温度 690℃:
    • 240 lb/Hr: タービン出口温度 738℃/巡航最大出力
    • 273 lb/Hr: タービン出口温度 779℃/連続最大出力
    • 273 lb/Hr: タービン出口温度 810℃/離陸出力
  • 出力
    • 35 SHP: グランドアイドル
    • 278 SHP: タービン出口温度 650℃
    • 333 SHP: タービン出口温度 690℃
    • 370 SHP: タービン出口温度 738℃/巡航最大出力
    • 400 SHP: タービン出口温度 779℃/連続最大出力
    • 420 SHP: タービン出口温度 810℃/離陸出力
  • トルク
    • 323 ft/lbs: タービン出口温度 650℃
    • 323 ft/lbs: タービン出口温度 690℃
    • 323 ft/lbs: タービン出口温度 738℃/巡航最大出力
    • 384 ft/lbs: タービン出口温度 779℃/連続最大出力
    • 384 ft/lbs: タービン出口温度 810℃/離陸出力
  • 排気ガス推力
    • 10 lbs/min: グランドアイドル
    • 32 lbs/min: タービン出口温度 650℃
    • 36 lbs/min: タービン出口温度 690℃
    • 38 lbs/min: タービン出口温度 738℃/巡航最大出力
    • 42 lbs/min: タービン出口温度 779℃/連続最大出力
    • 42 lbs/min: タービン出口温度 810℃/離陸出力

[2]

製品一覧[編集]

  • 250-C18
  • 250-C20
  • 250-C20B
  • 250-C20F
  • 250-C20J
  • 250-C20R
  • 250-C20R-1
  • 250-C20R-2
  • 250-C20S
  • 250-C20W
  • 250-C28
  • 250-C30
  • 250-C30P
  • 250-C40
  • 250-C47
  • 250-B17D
  • 250-B17F/2

搭載機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロールスロイス社公式HP
  2. ^ 性能・主要諸元数値は、アリソン社タービンスクール資料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]