ロールス・ロイス コンウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RB.80 コンウェイ (RB.80 Conway) は、世界初のターボファンエンジンである。 1940年代ロールス・ロイスで開発が始まったが、1950年代末から1960年代初頭にまでの短期間使用されただけだった。コンウェイはハンドレページ ヴィクタービッカース VC-10ボーイング707ダグラスDC-8の一部の機種に使用された。 コンウェイはジェットエンジンに川の名前を付けるというロールスロイス社の慣例に則り、ウェールズコンウェイ川に由来する。

歴史[編集]

初期のジェットエンジンは速くて高温の排気を噴出していた。そのため、燃料を浪費していた。ターボプロップエンジンが解決策の一つとして開発されたが、プロペラ機であるので速度の向上に限界があり、振動も多かった。ターボプロップはプロペラの効率と速度を引き換えにしなければならなかったのである。ターボプロップ搭載機の効率的な速度は500mph(800km/h)以下である。

バイパスエンジンの基本的な調査は初期のジェットエンジンの設計において既に行われていた。アラン・アーノルド・グリフィス英語版1930年代に既に複数の概念をもっており、王立航空工廠ハイネコンスタント英語版達が軸流式ジェットエンジンで試みた。フランク・ホイットルパワージェット社でも同様に複数の方式が研究された。しかしながら単純で短期間に実戦に投入できるジェットエンジンの開発が優先され、ターボファンエンジンの開発は後回しにされた。戦争の終結により優先順位は劇的に変化して、1946年ロールス・ロイス エイヴォンは十分に先進的だったが、さらに先進的なエンジンに新しいバイパスのような概念を開始した。

グリフィスはエイヴォン以外にも他の実験用ジェットエンジンに使用するささやかな実験的な設計であるロールス・ロイス Tweedを提案した。1947年4月、推力5000lbf設計ができたが数ヶ月後より高推力の9250lbf設計がマーク2はパスファインダーとして知られるヴィッカース バイカウント爆撃機の動力として必要とされた。より高推力のエンジンは10月にRB.80と名付けられ、生産が始まった。

初期モデル[編集]

量産モデル[編集]

最終モデル[編集]

詳細[編集]

RCo.12 コンウェイは低バイパス比の軸流式ターボファンエンジンでバイパス比は約25%である。7段式の軸流式低圧圧縮機で最初の6段はアルミ製で最後の段はチタン製である。さらに9段式の高圧圧縮機の最初の7段はチタン製で最後の2段は鋼鉄製である。バイパスハウジングダクトはチタン製である。燃焼室は10個のカンニュラー式燃焼室である。高圧圧縮機は2段の空冷式タービンで駆動され低圧圧縮機は単段のタービンで駆動される。

エンジンは離陸時の推力17150lbfで重量は4500lbで燃料消費は0.87である。

エンジンの派生形[編集]

派生形 推力 搭載機
RCo.11 1.00 ハンドレページ ヴィクター B.2
RCo.12 Mk 508 1.01 707 逆推進装置装備
RCo.12 Mk 508A 1.04 707 Uprated Mk 508
RCo.12 Mk 509 1.01 DC-8
RCo.12 Mk 509A 1.04 DC-8 Uprated Mk 509
RCo.17 1.19 ハンドレページ ヴィクター B.2
RCo.42 Mk 540 1.18 VC10
RCo.43 Mk 301 1.26 VC-10 軍用 VC10
RCo.43 Mk 550 1.26 スーパー VC10 8段低圧圧縮器

脚注[編集]

英語版記事参考文献[編集]

  • Kay, Antony, Turbojet, History and Development 1930-1960, Vol 1, Great Britain and Germany, Crowood Press, 2007. ISBN 9781861269126