GE・アビエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GE・アビエーション
GE-Aviation
種類 部門(ゼネラル・エレクトリック - GE・インフラストラクチャー
本社所在地 アメリカ合衆国オハイオ州エバンデール[1]
設立 1917年 [2]
業種 航空宇宙産業
事業内容 航空機用エンジンアビオニクススミス・エアロスペースによる)
代表者 スコット・ドネリー (Scott C. Donnelley 、 社長CEO
売上高 132億ドル2006年[3]
従業員数 単独:26,800人[3]
連結:37,800人(スミス含)[3]
主要子会社 GE・ホンダ・エアロ・エンジン(50%)
CFMインターナショナル(50%)
エンジン・アライアンス(50%)
スミス・エアロスペース(買収進行中)
外部リンク geaviation.com
テンプレートを表示

GE・アビエーション (GE-Aviation) は、アメリカ合衆国航空機エンジンメーカー。複合企業ゼネラル・エレクトリック (GE) 傘下の、GE・インフラストラクチャーの一部門。本社はオハイオ州エバンデールにある。

企業概要[編集]

GE・アビエーションの社有機であるボーイング747。左翼の第2エンジンを換装し、試験に用いられる(GE90に換装されている)。

世界最大の航空エンジンメーカーで、商用機でも多くのシェアを占める、GEグループの主要な実業部門である。2005年9月にゼネラル・エレクトリック・エアクラフト・エンジンズ (GEAE) から改称した。

1942年、スチーム/ガスタービンと航空レシプロエンジン用ターボ過給器で実績のあったゼネラル・エレクトリックは、ターボジェットエンジンの実用化に当ってアメリカ国防総省から指名され、当時技術的に先行していたパワージェット W.1 のライセンス生産にマサチューセッツ州リンで着手した。後にこのリン工場では、商用ターボシャフト発電機なども手掛けている。

エバンデール本社工場は、中型のCFM56の他に、LM6000LM2500などガスタービンを担当し、またノースカロライナ州ダーラム工場では、大型のGE90CF6CF34などの組み立てが行われている。

これらのタービンブレードなど主要部品は、ケベック州ブロモン、ニューハンプシャー州フックセットケンタッキー州マディソンヴィル、バーモント州ラトランドなどで分散生産されている。

同社の主要競合社は、ロールス・ロイスプラット・アンド・ホイットニーである。フランスの航空エンジンメーカー・スネクマ(Snecma)とは、1974年にCFMインターナショナルを設立し、民生用中型エンジン分野で提携している。大型機市場ではライバルのプラット・アンド・ホイットニーとエンジン・アライアンスを立ち上げ、ロールス・ロイスに対抗した。また小型機市場では本田技研工業との合弁企業GE・ホンダ・エアロ・エンジンを設立した。

1950年代にはターボジェットエンジン多軸化しつつある中で超音速機には単軸ターボジェットこそが最適との考えからJ79、J85、J97といった単軸エンジンを開発、当時の戦闘機等に搭載され、民間機向けの派生型も製造された。高バイパスターボファンエンジンが登場した1960年代になると超音速用ターボジェットにおいても多軸式が単軸より優秀と判断して路線を転換し超音速機用の2軸ターボジェットも製造するようになった。こうしてGE15が生まれ、その発展型としてYJ101を開発、これはF404へと進化した。

GEAEの末期には、アメリカの航空機メーカー・ボーイングの新型機787に対し、GE90 の発展型GEnx を提案し、ロールス・ロイスと共に選定された。また787の競合機としてヨーロッパの航空機メーカー・エアバスが開発中のエアバスA350 XWBへも GE90 および GEnx の採用を強く働きかけ、さらに747-400 の後継機として開発中の747-8 への、2年間のエンジン独占供給権も確保している。

これらの大量受注の背景には、グループ内に有力なファイナンス部門を擁するGEが、航空機本体のローン契約と抱き合わせで自社製エンジンを強引に販売している事実が存在し、EU各国政府や競業社などから非難を浴びている。→ロールス・ロイス トレントの項参照。

2007年1月15日、ゼネラル・エレクトリックは、イギリスの大手エンジニアリング会社スミス・グループ (Smiths Group) の一部門スミス・エアロスペースを48億ドルで買収し[3][4]子会社化した。ウォールストリート・ジャーナルの報道によると[4]この合併は、最大顧客ボーイングおよびエアバスの価格圧力に対抗する目的だとしている。[4]

さらに報道の中でアナリストは、2001年に一度買収を試みた航空電子部品製造大手ハネウェルを、再び買収する可能性を指摘したが[4]、同年のサブプライムローン問題に端を発する金融危機でGEグループは深傷を負い、先行きは不透明化した。

エンジン[編集]

ターボジェット[編集]

低バイパス ターボファンエンジン[編集]

ゼネラル・エレクトリックF110 ターボファンエンジン
ゼネラル・エレクトリックF110 ターボファンエンジン

高バイパス ターボファン[編集]

ゼネラル・エレクトリックCF6 ターボファンエンジン

ターボプロップエンジン/プロップファンエンジン[編集]

ターボシャフトエンジン[編集]

車両用ガスタービンエンジン[編集]

派生品、船舶用[編集]

出典[編集]

  1. ^ "GE-Aviation: Facilities." GE・アビエーションウェブサイト
  2. ^ "GE-Aviation: History." GE・アビエーションウェブサイト.
  3. ^ a b c d "GE To Acquire Smiths Aerospace, Extending Aviation Offerings; Plans JV with Smiths Group To Build Global Detection Business." GE・アビエーション 公式プレスリリース 2007年1月15日.
  4. ^ a b c d "Smiths To Sell Aerospace Ops To GE For $4.8B." McGrath, S.; Stone, R. ウォールストリート・ジャーナル. 2007年1月15日.
  5. ^ "LV100" 製品紹介ウェブページ

外部リンク[編集]