アレクサンドル・ミルラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・ミルラン
Albert Lebrun
Alexandre Millerand, 12e président de la République française.jpg

フランスの旗フランス共和国
第3共和制12代大統領
任期 1920年9月23日 – 1924年7月11日

出生 1859年2月10日
パリ10区
死去 1943年4月7日(満84歳没)
ヴェルサイユ、セーヌ·エ·オワーズ
政党 急進社会党
→共和主義社会党
→共和主義連盟

アレクサンドル・ミルラン(Alexandre Millerand、1859年2月10日 - 1943年4月7日)はフランスの政治家、フランス第三共和政第11代大統領(在職1920年-1924年)。

パリ10区に布商人の息子として生まれる。弁護士から1885年に代議士(以後1919年まで在任)に当選し政界入りを果たし、最初急進社会党と行動を共にすることが多かったが、後に共和主義社会党に鞍替えする。1899年から1902年までピエール・ワルデック=ルソー内閣の商相となったが、この時の入閣では社会党内の内紛を招き結果として彼は社会党を去り共和主義連盟に再度鞍替えしている。その後、1901年から1911年まで公共事業・通信相、1912年から1913年および1914年から1915年まで陸相を務めた。

第一次世界大戦後の1920年1月首相となり、鉄道炭鉱総罷業を弾圧、同年9月大統領に就任したが、1924年春の選挙に勝った左翼連合から右傾政策を痛撃され、満期前の同年6月に辞職、のち1925年から1940年まで上院議員となった。

本名をカーンというユダヤ人で、フリーメーソンの結社員であったという。第二インターナショナル結成(1889年7月14日)の2日後にパリで世界のフリーメーソン大会を主催した有力人物のひとり[1]

注釈[編集]

  1. ^ 『猶太思想及運動』 四王天延孝 内外書房 1941年7月15日 163p