エドゥアール・ダラディエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
エドゥアール・ダラディエ
Édouard Daladier
Daladier.jpg
生年月日 1884年6月18日
出生地 カルパントラ
没年月日 1970年10月10日
死没地 パリ
所属政党 急進社会党

内閣 第3次ダラディエ内閣
第4次ダラディエ内閣
第5次ダラディエ内閣
任期 1938年4月10日 - 1940年3月21日
大統領 アルベール・ルブラン

フランスの旗 フランス共和国
第三共和政第76代 閣僚評議会議長(首相)
内閣 第2次ダラディエ内閣
任期 1934年1月30日 - 2月9日
大統領 アルベール・ルブラン

フランスの旗 フランス共和国
第三共和政第73代 閣僚評議会議長(首相)
内閣 第1次ダラディエ内閣
任期 1933年1月31日 - 10月26日
大統領 アルベール・ルブラン
テンプレートを表示

エドゥアール・ダラディエÉdouard Daladier1884年6月18日 - 1970年10月10日)はフランス政治家首相(在任:1933年1934年1938年 - 1940年)。このほか17の閣僚経験を持つ(兼任も含む)。

生涯[編集]

1884年6月18日ヴォクリューズ県カルパントラに生まれる。1911年にはカルパントラの市長に選ばれた。第一次世界大戦では陸軍に参加し、兵卒から中尉に昇進して中隊司令官となった。

1919年急進社会党の党員としてヴォクリューズ県選出の代議院下院)議員となる。彼はその風貌から「ヴォクリューズの雄牛」と呼ばれ人気を集めた。1924年エリオ内閣に植民地相として入閣して以来、急進社会党の参加する連立内閣で7度閣僚として入閣している。

3度の首相[編集]

1933年にはルブラン大統領の元ではじめて首相に就任した。内閣は9ヶ月で倒れたが、この時期のフランスの首相としては長い部類に入る。

1934年スタヴィスキー事件による混乱でショータン内閣が倒れると、後任の首相に選ばれた。しかし混乱の収拾に失敗し、大規模な反政府デモで死者が発生した責任を取り、わずか10日で辞職した。

1936年には急進社会党党首となり、ブルム人民戦線内閣に参加した。しかし急進社会党は共産党と対立しており、1937年の人民戦線内閣の崩壊を招いた。ショータン、ブルムの短期間の内閣が続いた後、1938年、3度目の首相に就任した。

ミュンヘン会談[編集]

ミュンヘンに集まった仏英独伊の首脳。左からチェンバレン、ダラディエ、ヒトラー、ムッソリーニチャーノ伊外相

1938年9月24日ドイツチェコスロバキアズデーテン地方の割譲を要求すると、ダラディエはチェコスロバキアとの相互援助条約に基づき軍の総動員令を発令した。再度の世界大戦が懸念される中、29日ミュンヘンに英仏独伊4ヶ国の首脳が集まりミュンヘン会談が開かれた。

会議では対独宥和政策に基いてイギリスと協調し、チェコスロバキアにズデーテン地方等の割譲を要求するミュンヘン協定に調印した。各国の動員は解除され、帰国したダラディエは世界大戦を回避した首相として国民に熱狂的に迎えられた。しかしこの時、補佐官のサン=ジョン・ペルスに対して「この連中は正気ではない」と語ったという。

イギリスネヴィル・チェンバレン首相と同じく、ドイツに対する弱腰外交を展開したと見られがちだが、彼自身はドイツへの不信から宥和政策に懐疑的であった。しかしエドゥアールは国防相経験者でもあったためフランス軍がドイツ軍と戦える状態でなかったことを認識しており、軍の体勢が整うまでの猶予期間を得るために、やむを得ず宥和政策を遂行していたのである。

第二次世界大戦[編集]

1939年にドイツのポーランド侵攻が起きるとドイツに対して宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。しかし、ドイツの報復を恐れるあまりにドイツ領土への攻撃には消極的であり、フランス軍はフランス・ベルギー国境周辺でとどまったため、「花戦争」(まやかし戦争のフランス名)と揶揄された。この間、ソ連のポーランド侵攻や冬戦争によって、元々反共が根強いフランス世論には反ソ感情が高まり、議会でも対ソ宣戦を求める声が高まった。そのためソ連に対する断交や、ソ連のカフカース地方への攻撃をイギリスに提案している。

1940年3月、冬戦争でのフィンランドの敗北を受けて、議会ではフィンランドを支援できなかったダラディエに対する批判が高まった。21日に内閣は総辞職し、レノーが後継首相となった。しかしレノーは無党派であったために急進社会党の支援を求め、エドゥアールは国防相となることを条件にして入閣した。5月9日、レノーは連合軍総司令官であったモーリス・ガムラン陸軍参謀総長を弾劾して更迭を求めたが、エドゥアールはガムランと友人であったために反対、更迭は否決された。

5月10日ナチス・ドイツのフランス侵攻‎が始まるとフランス軍は各地で敗北した。これらの敗北はガムランの拙劣な戦争指導も一因とされている。5月20日には内閣改造が行われ、エドゥアールは国防相から外相となり、ガムランも総司令官から解任された。6月にフランスが降伏し、ヴィシー政権が成立すると、エドゥアールはモロッコに逃亡した。しかし8月6日には逮捕され、拘束された。1942年にはリオンにおいてフランス敗北の戦犯としてヴィシー政権の主宰する裁判にかけられたが、判決を受ける前に裁判は中止された。1943年にはブルムとともにドイツに連行され、ブーヘンヴァルト強制収容所に収容された。のちに上流階級出身者や有名人が収容されたチロルイッター城英語版に移された。

戦後[編集]

1945年イッター城の戦いを経て収容所から救出された。戦後は1958年まで代議院議員を務めたが、シャルル・ド・ゴール第五共和政の成立にはピエール・マンデス=フランスとともに反対している。

関連項目[編集]