電撃戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電撃戦(でんげきせん、ブリッツクリーク :Blitzkrieg De-blitzkrieg.ogg listen[ヘルプ/ファイル])とは、一般に機甲部隊の高い機動能力を活用した戦闘教義である。

概要[編集]

電撃戦は少なくとも三つの観点から研究されている。まず第二次世界大戦初期においてドイツ国防軍ポーランド侵攻ナチス・ドイツのフランス侵攻独ソ戦時のバルバロッサ作戦ブラウ作戦で、そしてソ連赤軍バグラチオン作戦で部分的に実践した歴史的な戦闘教義としての観点、二つ目は、迅速な攻勢によって勝利する軍事教義としてプロイセンの時代から存在していたという、電撃戦を拡大解釈する観点、三つ目は、敵の撃破ではなく機動による攪乱に力点を置いた機械化戦闘の代表的理論としての観点である。なお三つ目の観点においては、1980年代まで各国の陸軍で主流の教義であったという見解も示されている。

いずれの解釈においても共通している電撃戦の特徴とは機動戦の理論に基づいていることである。電撃戦の教義を研究開発し、後の軍事理論に決定的な影響を与えたドイツのハインツ・グデーリアンは航空部隊による近接航空支援との連繋の下で相手の陣地防御に対して機甲部隊縦深突撃を実施させ、直ちに敵の側面と背後に戦力を展開して包囲が完成するように作戦を指揮した。このように機械化された戦闘部隊の優位である高い機動力を駆使しながら、戦いの主導権を掌握してそれを活用することが電撃戦の本質的な要素である。電撃戦の代表的な実践者と研究者にはフリードリヒ2世ナポレオン・ボナパルトヘルムート・フォン・モルトケアルフレート・フォン・シュリーフェンハンス・フォン・ゼークトジョン・フレデリック・チャールズ・フラーリデル・ハートミハイル・トゥハチェフスキー、グデーリアン、そしてマイケル・ガイヤーなどを挙げることができるが、ここでは近代以後の研究を中心に概説する。

理論[編集]

研究史[編集]

電撃戦がはじめて実践されたのは第二次世界大戦であったが、それは第一次世界大戦での戦車や航空機、無線通信機などの技術革新の成果と、塹壕戦という状況を招いた軍事理論の問題に対する反省から生み出された新しい戦闘教義であった。新しい教義の理論構築を準備したゼークトヴェルサイユ条約によって制約されることになったドイツの軍備について、量的制約を補う質的改善を進めるためには機動力が重要であると考えた。ゼークトはシュリーフェンの軍事思想の影響を受けながら作戦の基礎が部隊の運動にあると認識していた。また将来の戦争は空軍によって開始されることも予見していた。また新しく開発した戦車を初めて戦闘に投入したイギリスにおいても研究者フラーがナポレオン戦史と機甲戦の研究を通じて、機甲部隊を中心とした新しい機動戦の理論を提唱した。フラーの研究は戦後の厭戦気運やイギリス陸軍の伝統的な騎兵将校から反発を受けて頓挫した。

このような電撃戦の起源と位置づけられる先駆的な研究の存在が分かっているものの、電撃戦の概念がドイツ陸軍で教義として確立された歴史的な経緯については議論が分かれている。マーレーなど多くの研究者はドイツ陸軍でそのような教義が広く受け入れられていたと主張しているが、例えばディトンの研究によればエルヴィン・ロンメルが指揮したガザラの戦いは電撃戦とは認めることはできず、1940年のフランス侵攻におけるグデーリアンが指揮する部隊による戦闘の事例のみに認めることができると主張する。ディトンは電撃戦の概念がもともとフランスで生まれ、後にグデーリアンが個人的な判断の下で戦闘教義として応用したに過ぎないと考えている。いずれにしても、電撃戦の教義を確立させた功績はグデーリアンの独創的な研究によるものであると考えられている。グデーリアンは参謀本部の反発を受けながらも歩兵部隊から独立した大規模な機甲部隊を創設し、高度な機動力を備えた部隊を使った機動的な戦闘教義に基づいた作戦計画を作成した。グデーリアンは地形を適切に選択する機動の原則、奇襲の原則、そして決定的な地点に戦力を集中させる殲滅の原理を応用し、古典的な電撃戦の戦闘教義を完成させた。

しかし電撃戦には問題点も少なくなかった。電撃戦においては補給が滞った快速部隊も進撃の停止を余儀なくされてしまうという事態が発生しかねないことである。これは補給部隊や歩兵を装甲車両化することが電撃戦に必要なことを示している。第二次世界大戦ではドイツ陸軍でも機械化歩兵自動車化歩兵の部隊は少なかった。第二次世界大戦後にはアメリカを始めとする西側諸国では朝鮮戦争の経験や冷戦を背景としながら電撃戦の教義の問題を見直して再構築する研究が進められた。その研究成果として部隊の機械化と諸兵科連合に基づいた新しい電撃戦の教義を開発しており、中東戦争においてイスラエルではオールタンク・ドクトリンエア・ランド・バトル縦深突撃(charge in depth)の教義を実践している。さらに冷戦後のイラク戦争でも米英軍によって電撃作戦が行われ、短期間のうちにイラク軍を無力化することに成功している。

電撃戦の原理[編集]

電撃戦で鍵となるのは、戦闘が拡大している間勢いを持続させるために、軍をより高度な意思疎通能力と指揮能力を持つ機械化部隊として組織することであった。この考え方の基礎となったのは、全ての戦力を敵前線のただ一点に集中させて、その後砲兵と歩兵によって穴を開けるという第一次世界大戦においても十分通用した方法、そして、従来の爆撃機への指令を司令部の要請からでなく、前線部隊の要請を中心とした近接攻撃に集中して、敵部隊に強烈な打撃を与える複合的行動であった。一旦前線に穴が開くと、戦車が侵入し前線の数百マイル後方にまで侵入できた。これにより攻撃側は敵の脆弱点(安易に破壊または破壊されると著しい損害を受ける地点)、つまり軽武装の兵站部隊、または前線司令部などの敵中枢を攻撃でき、敵の情報を遮断し補給を途絶、あわよくばそのままその戦線で勝利する事さえできた。この方法によれば、可能な限り戦闘を避けつつ、敵を混乱させることで小規模の軍で大規模な敵軍を撃破できた。

航空機が長距離砲の代わりとして敵の拠点を破壊、兵力の集中を奪い、攪乱・制圧する。次に無線通信を受けて戦車自動車化歩兵の諸兵科連合部隊が、敵が陣地防御を準備する前に突撃し、敵陣深くに侵入するというもので、この際、進撃する部隊は突破口の確保に兵力を使用せず、進撃速度を最大限に上げる。従来の戦法と最も異なるのは、指揮権の権限委譲である。現場指揮官は、従来の中央集権的な指揮系統に頼るよりも、自らの判断に従うよう奨励された。

電撃戦では、いたずらに猛進するだけでは全ての防衛線を突破できずに行き詰まり、立ち直った敵軍により包囲される危険がある。したがって敵の戦意をくじくための準備をし、攻撃目標を明確にしておくことが欠かせない。何故なら、この戦法は敵戦力を撃滅する為でなく、あくまで敵の脆弱点を狙って混乱させる戦法であり、敵部隊は士気を除いて殆ど物理的損害を受けないからである。

電撃戦の事例と電撃戦でない事例[編集]

ドイツ対ポーランド戦[編集]

航空機と機動力が発揮された近代戦で、その決着が早かったため電撃戦のように広く誤解されているが、厳密には前線全てにおいて圧倒的物量の投入による各個包囲撃破を狙った殲滅戦であった。電撃戦は敵中枢部への縦深集中攻撃必要条件とするが、ポーランド侵攻はこれを全く満たしておらず、実際はその反対で敵の各個包囲撃破を目的としたものであり、電撃戦とは全く異質のものである。またポーランド侵攻が短期間で成功したのは東方からのソ連軍侵攻により、長期戦に備えていたポーランド軍を挟撃することに成功したのが最大の要因である。

ドイツ対フランス戦[編集]

真の電撃戦とはこれだけであるといわれる戦闘。戦域・状況・権限といった近代戦闘におけるエッセンスが凝縮された重要な戦闘であるとされる。

ドイツ対バルカン半島[編集]

ドイツ対ソ連戦(バルバロッサ)[編集]

ナチス・ドイツ乾坤一擲の一大作戦。ヒトラーのゆれる命令の中で、電撃戦というより、再びポーランド戦に近いものとなった。赤軍の激しい抵抗の中、電撃戦は影をひそめる。広大な国土の中で真の目的地を見失い、分散した兵力はやがてすべての目的地の前で足踏みすることになる。

ドイツ対ソ連戦(ブラウ)[編集]

決定的な勝利を得るために、限定された戦力において、攻略地点を南部に定めヒトラーの言う「戦争経済」を主とした攻略目的として再び、機甲師団を中心とした電撃戦を敢行。しかしながら、赤軍は前年の失敗から地の利を利用した大規模な撤退を行いコーカサス地方は膠着。スターリングラードが焦点となることにより電撃戦ではなくヒトラーが恐れていたはずの「市街地戦」となり、果てることのない戦闘によって消耗。やがて冬季が訪れると脆弱な側面から二重包囲され、軍団が包囲・殲滅されるという戦史上の大敗北を喫する。

ソ連対ドイツ(バグラチオン作戦)[編集]

戦線の維持がやっとの状態のナチス・ドイツに対し、パルチザンによる後方撹乱・圧倒的な空軍力・赤軍伝統の砲の強さを含め、戦術の向上とともに無線など電撃戦に不可欠な装備を備えた上に兵力差を越えて犠牲をいとわない赤軍の電撃戦の前に、拠点確保・撤退禁止を命じられたナチス・ドイツ軍は各地で包囲殲滅され、驚くほどの短期間に開戦来の地を追われ、独ソ戦の帰趨を決する大敗を喫した。

ナチス・ドイツはもはやかつての空軍を有せず、白ロシアの地にはほぼドイツ空軍の姿はなかった。空・陸の複合的かつ委譲された権限による臨機応変さが電撃戦の要諦であるとするならば、もはや空軍の制空権・急降下爆撃機による効果的な砲撃以上の制圧もなく、ヒトラーによる現場司令官からの権限剥奪などによって、ドイツ陸軍の勝利の方程式はすべてが失われた。逆に、これまで赤軍の戦車にはなかった無線を装備し、無尽蔵とも思える歩兵を備え、空軍による援助を受け、なおかつレンドリースによる圧倒的な補給による輸送力を得た赤軍は、まれにみる大勝をもってナチス・ドイツに敗戦必至の烙印を押すのである。

電撃戦の語源[編集]

「Blitzkrieg」を英語訳すると「Lightning war」になり、日本語訳すると「電光戦」か「稲妻戦」になるはずで、「電撃戦」という言葉にはならない。

古代中国の兵法書に「六韜」があり、この「六韜」は「文韜」「武韜」「竜韜」「虎韜」「豹韜」「犬韜」の6章に分かれており、この中の「虎韜」(日本語の虎の巻の語源)に戦車(チャリオット)を用いた戦術について書かれた部分がある。

内容は「大扶胥衝車三十六乗 螳螂武士共載 可以撃縱横 敗強敵 緇車騎寇 一名電車 兵法謂之電撃」、意味は「36台の大扶胥衝車(大型の突撃のための戦車)という乗り物に武器を持った兵士を乗せた物を電車と名づけ、縦横無尽に使用して強敵を破り、この兵法を電撃という」である。

つまり、ドイツの「Blitzkrieg」という戦術が、日本でも虎の巻で馴染みのある、「電撃」という古代中国の兵法に似ていたので、日本で「電撃戦」と訳されたのである。

なお、現代中国においては「閃電戦」(せんでんせん、繁体字閃電戰簡体字闪电战拼音: shǎndiànzhàn)または「閃撃戦」(せんげきせん、繁体字閃擊戰簡体字闪击战拼音: shǎnjízhàn)と呼ばれ、中国語においては英語訳に近い言葉となっている。一方同じ漢字文化圏である朝鮮半島では日本語の漢字を朝鮮語で読んだ「전격전」(文化観光部2000年式:jeongyeokjeon)と呼ばれる。

参考文献[編集]

  • Addington, L. 1971. The blitzkrieg era and the German general staff 1865-1941. New Brunswick, N.J.: Rutgers Univ. Press.
  • Balck, W. 1906. Taktik. 6 vols. Berlin: R. Eisenschmidt.
  • Bradley, D. 1978. Guderian und die Entstehungsgeschichte des modernen Blizkrieges. Onsabruck: Biblio. Verlag.
  • Deighton, L. 1979. Blitzkrieg: From the rise of Hitler to the fall of Dunkirk. New York: Ballantine Books.
    • ディトン著、喜多迅鷹訳『電撃戦』早川書房、1994年
  • Doughty, R. 1985. The seeds of disaster: The development of French army dctrine 1919-1939. Camden, Conn.: Archon Books.
  • Eimannsberger, L. von. 1938. Der Kampfwagenkrieg. 2d ed. Munich: J. F. Lehmans.
  • Franz, W. 1983. Maneuver: The dynamic element of combat. Military Review 63(5):2-12.
  • Geyer, M. 1986. German strategy in the age of machine warfare. Makers of modern strategy from Machavelli to the nuclear age, ed. P. Paret, 529-97. Princeton, N.J.: Princeton Univ. Press.
    • マイケル・ガイヤー「機械化戦争時代:1914-1945年におけるドイツの戦略」、ピーター・パレット編、防衛大学校「戦争・戦略の変遷」研究会訳『現代戦略思想の系譜 マキャヴェリから核時代まで』ダイヤモンド社、1989年、pp.463-518.
  • Guderian, H. 1938. Die Panzertruppen und ihr Zusammenuirken mit den anderen Waffen. Berlin: E. S. Mittler.
  • Guderian, H. 1952. Panzer leader. New York: Dutton.
    • グデーリアン著、本郷健訳『電撃戦 グデーリアン回想録 上下』中央公論新社、1999年
  • Hughes, D. J. 1986. Abuses of German military history. Military Review 65(12):66-77.
  • Jacobsen, H. A. 1957. Fall Gelb. Der Kamp um den deutschen operationsplan zur Westoffensive 1940. Wiesbaden: Franz Steiner.
  • Kroener, B. 1985. Squaring the circle: Blitzkrieg strategy and manpower shortage, 1938-1942. In The German military in the age of total war, ed. W. Deist, 202-303. Dover, N.H.: Berg Publisher.
  • Lind, W. 1984. The case for maneuver doctrine. In The defense reform debate: Issues an analysis, ed. A. A. Clark 4, P. W. Chiarelli, J. S. McKitrick, and J. W. Reed, 88-100. Baltimore: Johns Hopkins Univ. Press.
  • Macksey, K. 1976. Guderian: Creator of the blixkrieg. New York: Stein and Day.
  • Miksche, F. O. 1941. Attack: A study of blitzkrieg tactics. New York: Random House.
  • Sternberg, F. 1938. Germany and a lightning war. trans. E. Fitzgerald. London: Faber and Faber.
  • Tiberi, P. 1985. German versus Soviet blitzkrieg. Military Review 65(9):63-71.
  • Wallach, J. L. 1986(1967). The dogma of the battle of annihilation. Westport, N.Y.: Greenwood Press.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]