イラク治安部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラク陸軍の兵士
イラク陸軍のM1A1戦車

イラク治安部隊(イラクちあんぶたい、Iraqi Security Forces)は、イラク軍隊(イラク軍)、内務省が管理する部隊(準軍事組織警察)、各政府機関が管理する部隊(施設警備部隊)、および政府と契約した民間軍事会社の契約警備員らの、イラク駐留多国籍軍側の総称。

2003年イラク戦争における米軍のイラク占領に伴って解体された旧イラク軍に替わって同年編成された。

概要[編集]

国防省(Ministry of Defense)の管理するイラク軍(Iraqi Armed Forces)、内務省(Ministry of Interior)の管理する警察(イラク警察)・準軍事組織(国境警備隊・国家警察)、各政府機関の管理する施設警備部隊で構成されている。現在、軍事組織25万6,400人、警察組織34万人、国境警備隊2万8,300人、施設警備部隊15万人および契約警備員民間軍事会社)2万6,000人の兵力を有する。北部のクルド人自治区はイラク軍とは別に「ペシュメルガ」と呼ばれる民兵組織を保有している。

なお、上記兵力のうち、2014年11月30日には、最低でも5万人が、給与を受け取りながらも兵士として勤務していない「幽霊兵士」である事が分かり、汚職が深刻である[1][2]

歴史[編集]

M16自動小銃M4カービンを構えるイラク陸軍兵士

かつては中東でも最強の軍備を有していたイラクであったが、1990年クウェート侵攻をきっかけとした湾岸戦争によって主要な戦力を失い、その後の経済制裁によって本格的再建もままならず2003年イラク戦争サッダーム政権が崩壊した後すぐに警察以外の軍事組織は解体されてしまった。

しかし、終戦後の治安悪化から新しい治安部隊の再建が開始され、2003年度中にはや警察の戦闘部隊が編成されることとなった。なお、イラク人新兵の教育には外国軍だけでなく民間軍事会社も参加していた。

だが、創設間もないイラク軍では武器の横流し、宗派間の対立、2004年4月に起きたファルージャの戦闘での戦闘拒否、警察や軍の基地や人員の募集施設が自爆テロの標的になるなど多くの問題が発生した。しかし、その後は西側諸国の軍事援助によって質、量ともに強化され、現在では中東でも有数の戦力となっている。

2011年の外国軍撤退後は、イラクの治安維持と国防を自力で担っている。

国防省の管理する部隊[編集]

イラク軍[編集]

陸海空の三軍で構成される。最高司令官はイラク首相が兼任する。現在の参謀総長クルド人のババカル・バドルハン・シャウカト・ズィバーリ大将(Babaker Baderkhan Shawkat Zebari)。

陸軍[編集]

イラク陸軍のハンヴィー

イラク陸軍(Iraqi Army)は、イラク戦争後に三軍の中で一番早く再建され、現在の戦力は13個師団(第13師団が欠番で、第1-第14師団まである)25万3,000人。各師団は4個旅団で編成されている。

保有する装備は創設初期では旧イラク軍から受け継いだソ連中国製のものが大半であったが、現在は近代化が進み、M16A4M4A1などのアサルトライフルや、インターセプターボディアーマーCIRASなどの個人装備が供与され、車両はハンヴィーMRAPの配備が行われている。

戦車に関しては、ソ連製のT-55T-72に加えてアメリカ製のM1A1戦車140両(最終的に700両の導入を計画)を導入している。ちなみにM1エイブラムスは燃費が悪く、相当の兵站を整えねばならないとされる。

兵器購入は欧米のみならずウクライナからも行われており、BTR-4歩兵戦闘車420両が配備されている。

空軍[編集]

イラク空軍のC-130輸送機

イラク空軍(Iraqi Air Force)は、現在3,000人の人員と86機の航空機を保有している。保有する機体はC-130 輸送機UH-1 汎用ヘリコプターなど。

戦闘機は現在保有していないが、すでに砂漠から墜落したMiG-25MiG-29を掘り起こしたり、F-16 戦闘機を36機購入しており、2014年から順次受領する予定。

対地攻撃機に関してはベル 407Mi-35などの攻撃ヘリコプターが少数配備されているが、Mi-28 攻撃ヘリやAT-6 COIN機はまだ戦力化できていない。そのため、十分な航空戦力を構築しているとは言えず、イラクとシャームのイスラーム国の攻勢に対して有効な打撃を与えられない状態となっている。2014年にはロシアよりSu-25 攻撃機を大量に購入するなど[3]、航空戦力の拡充に努めている。

2018年には人員1万8,000人と航空機550機まで規模を拡大することを計画しており、さらに2020年までにF-16を96機導入することも計画している。

海軍[編集]

イラク海軍(Iraqi Navy)は、現在800人の海兵隊員を含む1,500人の人員と哨戒艦艇サエッテアMk.4型哨戒艇×4隻など)を保有している。

2010年には2,000-2,500人程度まで規模が拡大される予定である。

内務省の管理する部隊[編集]

イラク警察[編集]

拳銃の射撃訓練を行う警察官

イラク警察(Iraqi Police Service)は、パトロール犯罪の取り締まりが任務の組織。武装は軍や国家警察と比べると貧弱だが、グロック19自動拳銃AK-47などを装備している。国家警察とあわせ、約34万人の警察官を有する。

国家警察(準軍事組織)[編集]

国家警察(National Police)は、イラク警察と軍のギャップを埋める形で編成されている準軍事組織AK-47PKMRPG-7など重火器武装しており、軍事作戦にも投入される。

国境警備隊(準軍事組織)[編集]

国境警備隊(Department of Border Enforcement)は、イラク国境沿岸警備を担当する準軍事組織。2万8,300人で編成されている。

各政府機関管理の部隊[編集]

施設警備部隊[編集]

施設警備部隊(Facilities Protection Service)は、イラク政府の各機関ごとに施設の警備要人警護のために編成されている部隊。15万人以上の人員と契約警備員2万6,000人で編成される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “イラク軍に5万人の「幽霊兵士」 首相が報告”. CNN. (2014年12月3日). http://www.cnn.co.jp/world/35057339.html 2014年12月13日閲覧。 
  2. ^ “イラク、幽霊兵士5万人に給与 汚職まん延”. 秋田魁新報. (2014年12月13日). http://www.sakigake.jp/p/news/world.jsp?nid=2014121301001114 2014年12月13日閲覧。 
  3. ^ “イラク、露から購入のスホイ25攻撃機を受領”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年6月29日). http://www.afpbb.com/articles/-/3019128 2014年6月29日閲覧。 

関連項目[編集]