ラモーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラモーンズ
Ramones 1983 b.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル パンク
活動期間 1974年 - 1996年
レーベル サイアー(米 & 英, 1976–1992)
レディオアクティブ(米, 1992–1996)
クリサリス(英, 1992–1996)
公式サイト RAMONES.COM
メンバー
ジョーイ・ラモーンボーカル
ジョニー・ラモーンギター
C・J・ラモーンベース
マーキー・ラモーンドラム
旧メンバー
トミー・ラモーン(ドラム)
エルビス・ラモーン(ドラム)
リッチー・ラモーン(ドラム)
ディー・ディー・ラモーン(ベース)
ジョニー (左), ジョーイ (中央), ディー・ディー (右) 1977年のライヴ

ラモーンズ (Ramones) は、アメリカの4人組パンクバンド。1974年結成、14枚のスタジオアルバムを残し1996年解散。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第26位。

概要[編集]

1976年(1975年)以降のロンドン・パンク・ムーブメントに大きな影響を与え、アメリカ合衆国よりイギリスで評価が高いバンドである。南米でも人気があり、ツアーを回るときもアメリカではライブハウスでの公演が主だったが、アルゼンチンではスタジアムでの公演も経験している。また、今まで誰も公演を行ったことの無かった場所に積極的に行き、その後その場所にバンドが生まれるということもあったという。(映画 THE END OF CENTURYより)

デビュー作から3作目までのアルバムは、ロック史上に残る重要なアルバムと評価されている。1979年に発表した5作目のスタジオアルバム『エンド・オブ・ザ・センチュリー』(フィル・スペクターがプロデュースを担当した)はバンド史上最大のヒットアルバムとなり、2012年現在も大リーグの試合でこのアルバムの曲が演奏されるなど、アメリカ人に深く浸透している。

メンバー全員ラモーン (Ramone) の姓を名乗っている。これは、ポール・マッカートニービートルズ)がアマチュア時代、ソロ・シンガーのスコットランド・ツアーにバックバンドとして同行した時に「ポール・ラモーン」を名乗ったことにちなんでいる。

そのスタイルはデビューから解散まで変わらず、シンプルでキャッチーなメロディー、コードは3~4、ダウンストローク一辺倒のギターリフ、リズムは8ビート中心、シンプルでスピーディーな短い曲ばかりである。革ジャン、ジーンズモズライト(ジョニーの使用ギター)というトレードマークも最後まで変わらなかった。

影響[編集]

2001年のMTVミュージック・アウォーズの壇上で、U2ボノがマーキー・ラモーンに「もしラモーンズが存在しなかったらU2も存在しなかっただろう」と発言して敬意を表した。その後ボノとマーキーは何度もステージで共演している。マーキー・ラモーンはほかにエルビス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーとも親しい。ラモーンズのリスペクトパーティにはショーン・レノンも出席した。

2001年4月15日にジョーイが他界。世界のメディアは見出しに「パンク・ロックのゴッドファーザー逝く」「パンク・ロックは教祖を失った」と書き、ジョーイ(ラモーンズ)の業績を讃えた。

メンバー[編集]

最終メンバー[編集]

ジョーイ・ラモーン Joey Ramone(ボーカル

本名:ジェフリー・ハイマン、1951年5月19日 - 2001年4月15日

ジョニー・ラモーン Johnny Ramone(ギター

本名:ジョン・カミングス、1948年10月8日-2004年9月15日

C・J・ラモーン C.J Ramone(2代目ベース)

本名:クリストファー・ジョン・ウァード、1965年10月8日-

マーキー・ラモーン Marky Ramone(2代目ドラム。後に復帰)

本名:マーク・ベル、1956年7月15日-

元メンバー[編集]

ディー・ディー・ラモーン Dee Dee Ramone(初代ベース

本名:ダグラス・コルヴィン、1952年9月18日 - 2002年6月5日

トミー・ラモーン Tommy Ramone(初代ドラム)

本名:トマス・アーデライ、1952年1月29日-
ブダペスト出身。オリジナルメンバーとしては、2012年現在唯一存命である。

リッチー・ラモーン Richie Ramone(3代目ドラム)

本名:リチャード・レインハート、1957年8月11日-

変遷[編集]

Vocal Guitar Bass Drums
1974-1978 Joey Ramone Johnny Ramone Dee Dee Ramone Tommy Ramone
1978-1983 Marky Ramone
1983-1987 Richie Ramone
1987 Elvis Ramone[1]
1987-1989 Marky Ramone
1989-1996 C.J.Ramone

来歴[編集]

  • 1974年 - ニューヨーククイーンズ区に住んでいたジョーイ(ボーカル)、ジョニー(ギター)、ディー・ディー(ベース)、トミー(ドラム)の4人により結成された。
  • 1976年 - 『ラモーンズの激情』("The Ramones")でアルバムデビュー。
  • 1978年 - トミーが脱退しマーキーが加入[2]
  • 1983年 - マーキーが脱退しリッチーが加入。
  • 1987年 - リッチーが脱退、マーキーが再加入。
  • 1988年 - ディー・ディーが脱退。
  • 1989年 - C・Jが加入。
  • 1996年 - 解散。
  • 2001年4月15日 - ジョーイがリンパ腺ガンにより49年の生涯を閉じる。ジョーイは南アフリカの黒人隔離政策に反対する運動「サンシティ」に参加していた。
  • 2002年3月18日 - ロックの殿堂入りを果たした。
  • 2002年6月5日 - ディー・ディーがヘロインオーバードースにより49年の生涯を閉じる。
  • 2003年 - ラモーンズの初めてのドキュメンタリー映画『End of the Century』が公開。
  • 2003年2月4日 - 彼らのトリビュートアルバム『We're a Happy Family』が発売され、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、マリリン・マンソンU2キッス、メタリカ、ランシド、グリーン・デイなど16バンドが参加した。
  • 2004年9月15日 - ジョニーが前立腺ガンで55年の生涯を閉じる。
  • 2005年 - マーキーが長年バンド内部を撮り貯めていたビデオでDVD『ラモ-ンズ・ロウ』をリリースした、多くの賞を得たこのDVDはロンドン・レインダンスフィルムフェスティバルに出展している。
  • 2006年 - 中南米で人気が盛り上がり、マーキー・ラモーン単独で2万人規模のコンサートが開催された。
  • 2007年9月 - マーキーが中国北京ポップフェスティバルに出演し観客総立ちの歓迎を受ける。「パンクはイデオロギーに関係なく受け入れられる」と語った。
  • 2010年2月 - CJがソロ名義としては初めての来日を果たすも、ベースが盗難される被害に遭う[3]
  • 2013年7月 - CJがFUJI ROCK FESTIVAL'13のため来日。グリーンステージに立った。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1976年 - ラモーンズの激情(Ramones)
  • 1977年 - リーヴ・ホーム(Leave Home)
  • 1977年 - ロケット・トゥ・ロシア(Rocket to Russia)
  • 1978年 - ロード・トゥ・ルーイン(Road to Ruin)
  • 1979年 - エンド・オブ・ザ・センチュリー(End of the Century)
  • 1981年 - プレザント・ドリームス(Pleasant Dreams)
  • 1983年 - サブタレイニアン・ジャングル(Subterranean Jungle)
  • 1984年 - トゥー・タフ・トゥ・ダイ(Too Tough to Die)
  • 1986年 - アニマル・ボーイ(Animal Boy)
  • 1987年 - ハーフウェイ・トゥ・サニティ(Halfway to Sanity)
  • 1989年 - ブレイン・ドレイン(Brain Drain)
  • 1992年 - モンド・ビザーロ(Mondo Bizarro)
  • 1993年 - アシッド・イーターズ(Acid Eaters)
  • 1995年 - アディオス・アミーゴス~さらば友よ~(Adios Amigos)

ベスト・アルバム[編集]

  • 1988年 - ラモーンズ・マニア
  • 2001年 - ラモーンズ・アンソロジー
  • 2002年 - ラウド&ファスト:ザ・ベスト・オブ・ラモーンズ
  • 2006年 - グレイテスト・ヒッツ

ライブ・アルバム[編集]

  • 1979年 - イッツ・アライブ
  • 1991年 - ロコ・ライヴ
  • 1996年 - グレイテスト・ヒッツ・ライブ
  • 1997年 - ラスト・ショウ(ウィ・アー・アウタ・ヒア)
  • 2003年 - NYC 1978

サウンドトラック[編集]

  • 1979年 - Rock 'n' Roll Highschool

DVD[編集]

  • 2005年 - RAMONES : RAW /2004
  • 2005年 - WEIRD TALES OF THE RAMONES
  • 2007年 - イッツ・アライブ1974-1996

映画出演[編集]

  • 1979年 - 『ロックンロール・ハイスクール』(監督:アラン・アーカッシュ)

来日[編集]

1980年
初来日。NHKホールおよび西武劇場(現在はPARCO劇場)、京都会館別館でライブを行い、NHKレッツゴーヤング』にも出演した。競演したシーナ&ザ・ロケッツは彼らのサウンドに惚れこみ、同じアンプを買い求めるほど影響を受ける。その後も鮎川誠の自宅にジョーイが招かれたり、シーナ&ザ・ロケッツとしてマーキーと共演したりするなど、親交を続けている。のちに芥川賞作家となるミュージシャンの町田康も、同じ年に共演している。

・6月27・28日(1日2回公演)・29日 東京 西部劇場

・7月1日 名古屋 雲竜会館

・7月2日 京都 京都会館別館ホール(1日2回公演)

・7月3日 大阪 スタジオあひる(1日2回公演)

・7月4日 福岡 大博多ホール


1988年

10月24日 東京 中野サンプラザホール

10月25日 東京 中野サンプラザホール

10月26日 神戸 フィッシュダンス・ホール

10月27日 大阪 フェスティバル・ホール

10月28日 東京 MZA有明


1990年

9月3日 大阪 モーダ・ホール

9月4日 名古屋 クラブ・クアトロ

9月5日 川崎 クラブ・チッタ

9月6日 川崎 クラブ・チッタ

9月8日 名古屋 クラブ・クアトロ

9月9日 名古屋 クラブ・クアトロ

9月10日 大阪 モーダ・ホール

9月11日 大阪 モーダ・ホール

9月13日 川崎 クラブ・チッタ

9月14日 川崎 クラブ・チッタ

9月15日 川崎 クラブ・チッタ

9月16日 川崎 クラブ・チッタ


1991年

川崎クラブチッタ(現在はCLUB CITTA')とMZA有明(現在はディファ有明)での公演であったがMZA有明が経営不振により閉店してしまったため「浅草常盤座(現在は浅草ROX)」で代替公演が行われた。

2月5日 川崎 クラブ・チッタ

2月6日 東京 浅草常盤座

2月7日 東京 浅草常盤座


1993年

1月9日 東京 中野サンプラザ・ホール

1月10日 川崎 クラブ・チッタ

1月11日 東京 メルパルク・ホール

1月12日 東京 メルパルク・ホール

1月14日 名古屋 ダイアモンド・ホール

1月15日 名古屋 ダイアモンド・ホール

1月17日 大阪 IMPホール

1月18日 大阪 IMPホール


1994年

2月2日 川崎 クラブ・チッタ

2月3日 川崎 クラブ・チッタ

2月5日 福岡 つくし会館

2月6日 大阪 IMPホール

2月7日 名古屋 ダイアモンド・ホール

2月9日 川崎 クラブ・チッタ

2月10日 川崎 クラブ・チッタ

2月11日 川崎 クラブ・チッタ


1995年

・ラストツアー。

10月16日 東京 中野サンプラザ・ホール

10月17日 東京 中野サンプラザ・ホール

10月18日 川崎 クラブ・チッタ

10月20日 福岡 クロッシング・ホール

10月22日 松本 社会文化会館

10月23日 川崎 クラブ・チッタ

10月25日 札幌 ザナドゥ

10月27日 名古屋 ダイアモンド・ホール

10月28日 川崎 クラブ・チッタ

10月29日 川崎 クラブ・チッタ

11月1日 大阪 IMPホール

11月2日 大阪 IMPホール

ドキュメンタリー映画[編集]

2003年に年公開された『End of the Century』はラモーンズの初めてのドキュメンタリー映画であり、バンドに関った多くの人々の証言をもとに、ラモーンズの光と陰を記録している。ジョニー・ラモーンはこの映画について「ぼくたちの重くて暗い側面を表現している」と語った。

この映画は2003年のスラムダンス映画祭で約2,800作品の中からコンペ部門の28本に選出され、『ザ・デクライン』の監督ペネロープ・スフィーリスの紹介によって上映され、ベスト・ドキュメンタリー賞にノミネートされた。同年5月のロサンゼルス・プレミア上映では、レッド・ホット・チリ・ペッパーズグリーン・デイなどの有名アーティストが多数出演した。トロント国際映画祭、ベルリン国際映画祭の上映は、メディアで大絶賛された。日本では2004年11月、シネセゾン渋谷で夜間のみの上映を行ったが、昼間の上映も追加するヒットとなった。

DVD化されたパッケージでは、メンバーおよび、ロブ・ゾンビエディ・ヴェダーデボラ・ハリーメタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ランシドのインタビューが収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブロンディのクレム・バーク(Clem Burke)のこと。ライブに2度参加したのみ。後に「自分はラモーンズ向きのドラムではなかった」と本人が語っている。
  2. ^ トミーはその後も裏方としてバンドに関わる。
  3. ^ 来日中のCJラモーン ベースが盗難に

関連項目[編集]

外部リンク[編集]