フェルディナン・フォッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナン・フォッシュ
Ferdinand Foch
Ferdinand Foch pre 1915.jpg
生誕 1851年10月2日
オート=ピレネー県 タルブ
死没 1929年3月20日(満77歳没)
パリ
所属組織 フランスの旗フランス陸軍
軍歴 1871 - 1923
最終階級 フランス元帥
テンプレートを表示

フェルディナン・フォッシュFerdinand Foch, 1851年10月2日 - 1929年3月20日)はフランスの陸軍軍人。

経歴[編集]

スペインとの国境に近い南西部のタルブに生まれ、志願兵として普仏戦争に従軍している。1895年からフォンテーヌブロー砲兵学校で戦略戦術論を教授し、「戦争の原則」、「戦時統帥論」などを著した。

第一次世界大戦開戦時には第20軍団の軍団長の地位にあった。後マルヌ会戦の直前に新たに編成された第9を指揮、その後も幾つかの戦闘に参加している。1918年3月26日ドゥラーズ会議英語版において連合国軍総司令官に就任、同年8月にはフランス元帥の称号を受けた。連合国を勝利に導いた軍人として賞賛を受け、1919年にはイギリス陸軍元帥1923年にはポーランド元帥にも叙せられている。パリ講和会議においては軍人のトップとして、ドイツボリシェヴィキ政権に対して非常に厳しい軍事的措置を主張し、ジョルジュ・クレマンソー首相との関係も悪化している。戦後の1925年から1926年にはドイツ非武装監視委員会会長を務めた。1929年3月20日に没し、オテル・デ・ザンヴァリッドに葬られた。

語録[編集]

  • 「我が軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能。状況は最高、これより攻撃(反撃)する(Pressé fortement sur ma droite, mon centre cède, impossible de me mouvoir, situation excellente, j'attaque.)」 - 第9軍司令官時、ドイツ軍に対する防戦を指揮していた際に
  • 「我等はパリを前にしても、パリの真っ只中でも、パリを後にしても戦うだろう」
  • 「これは平和などではない。たかだか20年の停戦だ(Ce n'est pas une paix, c’est un armistice de vingt ans.)」 - ヴェルサイユ条約の事を指して
チャ-チルの『第2次大戦回顧録』にも"This is not peace. It is an armistice for 20 years".と引用されている。フォッシュの言葉通り、ヴェルサイユ条約調印からほぼ20年後の1939年9月3日、フランスはポーランドへの軍事侵攻を開始したナチス・ドイツに対してイギリスと共に宣戦布告し、第二次世界大戦が勃発する。


前任:
メルシオール・ド・ヴォーグエ
アカデミー・フランセーズ
席次18

第12代:1918年 - 1929年
後任:
フィリップ・ペタン

関連項目[編集]