モノグラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリストのモノグラム「ラバルム」。ギリシア語Χριστος」での最初の文字「ΧΡ」の重ね合わせ

モノグラム (monogram) とは、2つ(まれに3つ以上)の文字書記素を組み合わせた記号(単に並べただけのものとは区別される。外枠があるならそれに倣って変形していなければならない)。個人団体頭文字で作られ、ロゴタイプとして使われることが多い。

例として大リーグニューヨークヤンキースユニフォームに使用しているNYマークがある。日本プロ野球では読売ジャイアンツのYG、阪神タイガースのHT、中日ドラゴンズのCDなどがある。かつては他に南海ホークス(NH)、ロッテオリオンズ(LO)、日本ハムファイターズ(nh)など多くのプロ野球チームがモノグラムを使用していた。長期的に見るとプロ野球チームのモノグラム使用は減少しつつあるが、2004年に中日がDの一文字に改めたロゴマークをCDに戻し、2005年に福岡ソフトバンクホークスがShマークを採用するなど復活のきざしもある。

モノグラムという言葉自体は日本ではルイ・ヴィトンを代表する商品ラインナップとして知られる。創業者ルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を重ね合わせた幾何学文様をキャンバスに使用しているのが特徴。1896年に初めて商品化された。