ファスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古代ローマのファスケス
2本のファスケスを描いた高さ1.5mのレリーフ。ディオクレティアヌス浴場ローマ国立博物館所蔵

ファスケス (ラテン語: fasces、ファスケース) は、「束」を意味するラテン語の名詞ファスキス (fascis) の複数形で、通常はの周りに木の束を結びつけたもの。

古代ローマで高位公職者の周囲に付き従ったリクトルが捧げ持った権威の標章として使用され、20世紀にファシズムの語源ともなった。日本語では儀鉞(ぎえつ)や権標、木の棒を束ねていることから束桿(そっかん)などと訳される。

概要[編集]

ファスケスは斧の周囲に十数本から数十本の棒を配し、皮の紐で束ねたものである。王政後期にエトルリアからもたらされたものとされ、王の権威の象徴であった。共和政に移ると王の権限に由来するインペリウムの象徴とされ、インペリウムを保持する高位公職者である独裁官執政官法務官などの周囲にファスケスを持つリクトルは配された。

ファスケスの意味するところは、権力と求心力の象徴としての斧、その周囲に団結する人々であるといわれる。刑罰のための斧と鞭が「懲罰権」を象徴するとの説もあるが、実際に戦闘や処刑に使うことを目的とするものではなく、専ら権威をあらわすために用いられた。共和政期に入ってからは原則として、ローマの市内 (市内と外部を隔てるポメリウムの内側) では斧は取り外され、棒の束として使用された。またコンスルの葬儀の際にはファスケスは逆さまで捧げ持たれた。

意匠としての使用例[編集]

ローマ以降には、ファスケスのデザインが力や正義、団結、共和制などの象徴として、各国の政府や団体に用いられた。特に20世紀にファシズムの語源ともなり、そのシンボルとしても使用された。

現在でも見られるものにはアメリカ合衆国下院本会議場、リンカーン記念館の装飾やリンカーン像、フランス領事団が用いる紋章エクアドルの国章などがある。

アメリカ合衆国[編集]

その他の使用例[編集]

ファシズムによる使用[編集]

ファスケスのイタリア語読みである「ファッショ」(fascio)の複数形である「ファッシ」(fasci)は、団結を意味する言葉としてイタリアの政治的団体に用いられるようになった。1919年にベニート・ムッソリーニは、国粋主義団体「イタリア戦闘者ファッシ」(Fasci Italiani di Combattimento) を結成する際、この語を用いた。その後、1921年には「イタリア戦闘者ファッシ」は「ファシスト党」(Partito Nazionale Fascista) へと改組された。ムッソリーニは党の行動原則としてファッシを語源とするファシズム(Fascism)を提唱し、ファスケスを党の象徴として、党旗のデザインやパレードの装飾として用いた。

しかし同様に全体主義国家のシンボルとして用いられたハーケンクロイツやスヴァスティカと異なり、象徴としてのファスケス使用の禁止・表現の自粛などの強い動きは起こっていない。従来から伝統的にファスケスを用いてきた団体などは継続して意匠として用いている。


外部リンク[編集]