レクシズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギーの旗 ベルギー国の政党
Rexist Party
Parti Rexiste
Rexvlag.png
党旗
代表 レオン・ドグレル
成立年月日 1930年
解散年月日 1945年
解散理由 禁止
後継政党 なし
本部所在地 ブリュッセル
政治的思想・立場 レクシズム
ファシズム
カトリック
コーポラティズム
国際組織 なし
テンプレートを表示

レクシズム (フランス語: Rexisme) は、1930年ベルギーワロン地方の出版社の経営者レオン・ドグレル (fr:Léon Degrelle) が始めたファシズム運動。政党としては1935年に正式に発足した。因みにRexはラテン語で「国王」という意味だが、これはザクセン=コーブルク=ゴータ家ではなく、イエス・キリストを言い表している。

概要[編集]

レクシズムはカトリック教会の教えに基づいたコーポラティズムを採用し、民主主義を否定した。ベルギー当局はドグレルを危険人物と認定し逮捕した。1940年ナチス・ドイツがベルギーを侵攻すると、レクシズムはドイツから資金援助を受け、事実上ナチズムに呑み込まれた。ベルギー侵攻の際にドグレルはドイツによって救出され、再びレクシズムの首班となった。第28SS義勇擲弾兵師団が結成されたのもこの頃である。

ドイツが戦争に敗れると、レオン・ドグレルはフランコ政権下のスペインに亡命した。連合国は身柄の引き渡しを要求したが、フランコ政権はそれを拒否、ドグレルは1994年まで生き延びた。