ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ

ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキJan Henryk Dąbrowski, 1755年8月29日 - 1818年6月6日)はポーランド将軍にして国民的英雄。ヤン・デンボフスキJan Dembowski)とも。ポーランドのピェシュホヴィツェ Pierzchowiceにて、シュラフタ階級の家庭に生まれ、ポーランドロシア帝国ヴィングラで亡くなる。エルコレ・デンボウスキーは子。

伝記[編集]

ドンブロフスキはポーランド=リトアニア=ザクセン三国連合時代のザクセンで育ち、ザクセン軍での勤務を数年こなした。1791年にポーランドが四年議会にて、全てのポーランド人をポーランド軍への再召集を呼びかけたときに、ドンブロフスキはポーランドへ帰国した。騎兵としての訓練をドレスデン[1]の兵学校で受けた彼はポーランド騎兵の再編成を要請された。ポニャトフスキの下で、ドンブロフスキは1792年のロシアに対する戦闘に加わった。そして、コシチューシコによる反乱が起こった1794年にポーランドの地において、ドンブロフスキはこの反乱軍に積極的に加わり、ワルシャワの防衛、大ポーランド再興を目指す側の支援を受けた部隊を率いて戦った。その業績はポーランド軍最高指揮官であるコシチューシコにより賞賛を受け、ドンブロフスキは将軍の地位を彼により与えられた。ドンブロフスキはコシチューシコからポーランド反乱軍の敗北後、その功労に感謝の意を示されただけでなく、ロシアにより、軍の将校の位を与えることを提案されたが、ポーランドのために戦うことを選んだ。

ポーランド軍団を率いるヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ

ドンブロフスキはポーランドの歴史において、ナポレオン戦争中のイタリア・ポーランド軍団を編成した人として知られている。その編成を1796年、ナポレオン・ボナパルトによりパリへ召喚された時より始め、そしてチザルピーナ共和国により新設されたロンバルディ共和国の軍隊の一部隊としてポーランド軍団を編成する権限を与えられた。この軍団が編成された年の三年前、ポーランド分割ロシアプロイセンオーストリアの三国の間でなされ、ポーランドがヨーロッパの地図上から姿を消した。 しかしポーランド人部隊の編成はフランスによるポーランド独立運動の支援によって、ポーランド問題を再浮上させるきっかけをもたらした。これにより、イタリア人がナポレオンのフランス側に立って戦争に参加することを拒否したこの時期に、イタリアでのポーランド軍団の編成は両者にとって利益のあるものであった。

ドンブロフスキの家紋

ポーランド軍団はポーランド人亡命者により構成された。ドンブロフスキは伝統的なポーランド軍の制服や国家勲章、ポーランド人将校部隊を使用した。 ポーランド軍団の制服に関してドンブロフスキが行った唯一の譲歩が、肩章に関するものであった。その肩章はロンバルディ共和国の色であり、フランスの三色旗の色をモチーフにしたものであった。 ドンブロフスキがポーランド人に対して示し、イタリアやフランス、ドイツの定期刊行物で発表された声明は、国外にいるポーランド人コミュニティの間で大きな反響を巻き起こした。やがてロンバルディ共和国の首都であるミラノでポーランドを分割支配している列強(ロシアオーストリアプロイセン)からの圧力があったのにも関わらず、多数の志願兵が集まり始めた。志願兵には愛国心に燃える在外ポーランド人やオーストリア軍から解放されたポーランド人の囚人なども同様、含まれていた。短期間のうちに、ドンブロフスキは鍛錬し勇猛と後に言われる7千人のポーランド軍団志願兵を招集した。

ドンブロフスキのポーランド兵は、1797年から1803年初めまで、ナポレオン側で戦った。彼の指揮下の軍団はイタリアでの戦いにおいて重要な役割を果たした。これは、1798年5月にローマに入城し、彼自身、トレビアの戦い(1799年6月19日)と1799年から1801年までの数々の戦いで大きく貢献をした。不運なことに、軍団はドンブロフスキが夢見ていたポーランドに到着することも決してなかったし、祖国を解放することもできなかった。しかし、ナポレオンは、配下の勇猛な兵士やその指揮官の不満が増加してきたことに気がついていた。兵士たちは、特にフランスとロシアがルネヴィルで結んだ平和条約に落胆した。その条約は、ドンブロフスキのポーランド人の望みであるポーランドの解放がなかったからである。これは、ポーランド人の部隊の崩壊を意味した。特に危険な動きとして、1803年地方の反乱により、6千人がハイチに送られることになったものがあった。300人の部隊のみが帰還することができた。

軍団が解散しアミアンの和約が通過した後、彼は師団の将軍として、イタリア共和国の部門へ移動した。彼は1806年にポーランド軍団を再編するため再度ナポレオンに呼び出された。その軍団で、ナポレオンは大ポーランドをプロイセンから再度奪って使いたいと望んでいた。熱心さはそれほど高くなかったが、ポーランドの志願兵は再度編成された。ドンブロフスキはグダニスクフリートロントで活躍したものの、彼は、残ったポーランドの領域を分割している列強に対して戦うことを避けた際に、彼自身幻滅した。

1806年にドンブロフスキが行った命令。ポーランドのvoivodeshipsに行った新たな命令

1807年ワルシャワ公国が再占領した領域を元に作られた。之は基本的にはボナパルトのフランスの衛星国であった。ドンブロフスキはコルシカ人に落胆し、ポズナン近くに屋敷を手に入れ定住した。しかし、1808年、すぐに彼はユーゼフ・ポニャトフスキの指揮の元でオーストリアと戦うこととなった。ラシュインの戦いの後、ポーランド軍は、ガリツィアに入城し、7月15日クラクフを占領した。1812年6月、ドンブロフスキは、ナポレオンのモスクワ遠征において、大陸軍の元で、ポーランド師団を指揮した。しかし、10月に、フランス・ロシア間の戦争が終了し、フランス軍が厳冬により大損害を出し撤退しなくてはいけなくなった。この敗戦は、バレジーナ川をわたる戦いまで続き、この戦いでドンブロフスキは負傷した。

彼は、1813年ライプツィヒの戦いにおいてオーギュスト・マルモン将軍の元で戦った。そして、翌年、彼はこれ以上戦いを続けることができず、ポーランドに帰還した。彼はポーランド軍の再編成を皇帝により任せられた将軍の一人であった。彼は1815年に騎兵将軍となり、新しい立憲王国の上院議員?(senator palatine)となり、白鷹勲章(Order Orła Białego)を受けた。彼は、翌年、ポズナン近くのヴィングラの屋敷に引退し、1818年に死亡した。彼にはいくつかのポーランドの軍事史の著書がある。

ポーランド国歌[編集]

ポーランド軍団が創設された時代に、現在のポーランド国歌『ドンブロフスキのマズルカ』(Mazurek Dąbrowskiego)が作曲された。この勇壮なマズルカの調べに乗せた「イタリアにおけるポーランド軍の歌」は 1797年7月15日から21日に作られ、兵士たちの間で非常に人気となった。作詞を手がけたのはドンブロフスキの親友ユゼフ・ヴィビツキで、作曲者は不明である。 冒頭の歌詞には、「ポーランドいまだ滅びず」とある。これは、プロイセン側が「コシューシコがマチェヨヴィツェの戦いで敗れたあと、『ポーランド滅びたり!』(Finis Poloniae!)と叫んだ」と流言したのに反抗するためのものである。

脚注[編集]

  1. ^ ドレスデンを首都とするザクセン公国ヴェッティン家は17世紀から18世紀にかけてポーランド王(兼リトアニア大公)を幾人か輩出し、ポーランド・リトアニア共和国と国家同盟ないし緩やかな国家連合を形成していた。1791年に「共和国」で制定された欧州初の近代成文憲法「共和国憲法」の制定のさい共和国はポーランド王家(兼リトアニア大公家)を世襲制としたが、これにおいては、当時のポーランド王家であるポニャトフスキ家が断絶した場合は、王家をヴェッティン家が引き継ぐことが決められており、将来のザクセン公国による共和国への加盟が想定されていた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]