ユゼフ・ポニャトフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ
Prince Joseph Poniatowski by Brodowski.PNG
家系 ポニャトフスキ家
紋章 Herb Poniatowskich.PNG
両親 アンジェイ・ポニャトフスキ
マリア・テレジア・キンスキー
配偶 なし
子女 ユゼフ・シチェンスヌィ
カロル・ユゼフ
出生 1763年5月7日
生地 ウィーン
死去 1813年10月19日
没地 白エルスター川ライプツィヒ近郊

ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ(<onlyinclude>: Józef Antoni Poniatowski, 1763年5月7日 - 1813年10月19日)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族、オーストリア軍の将校、およびナポレオン1世の下でも将軍として活躍して1813年フランス帝国元帥となった軍人である。フランス語名はジョゼフ・アントワーヌ・ポニャトウスキJoseph Antoine Poniatowski)。

生涯[編集]

ポーランド5月3日憲法公布のシーン
右端の馬上の人物が若きユゼフ・ポニャトフスキ
左のほうの黒帽子と赤マントの人物が叔父でポーランド国王のスタニスワフ2世アウグスト
ライプツィヒのナポレオンとポニャトフスキ

ユゼフ・ポニャトフスキは1763年、ウィーンに生まれた。ポニャトフスキ家シュラフタの家系で、祖父スタニスワフはスウェーデンカール12世に仕えたのちポーランドに帰り、クラクフ城代になった軍人であった。父アンジェイオーストリアの将軍であった。さらに、ポーランド・リトアニア共和国最後の国王スタニスワフ2世アウグストが父の兄であったため、一族とともに大公プリンス[1]の称号を与えられた。

はじめオーストリアで軍務に就き、オスマン帝国との戦闘にも従軍する。1789年、叔父の請いにより祖国に帰ってポーランド陸軍少将となるが、オーストリア・ロシア帝国プロイセン王国によるポーランド分割を防げなかった。

1806年、ナポレオンがプロイセンをイエナ・アウエルシュタットの戦いで破るのを見て、祖国を再興してくれると思い、ポーランド軍を率いてナポレオンの指揮下に入る。翌1807年、ナポレオンがワルシャワ公国を建国すると、ポニャトフスキはその名目上の軍司令官になった。

1809年オーストリアとの戦役英語版で、ワルシャワを一時的に占領されるも奪回し、逆にポーランドの旧領クラクフの占領に成功する。

ボロディノの戦いでポニャトフスキのポーランド軍団は勇戦したが、ナポレオンがロシア遠征に失敗するとワルシャワ公国の存在も危うくなり、敵側になびくポーランド人も多かったが、ポニャトフスキはナポレオンを裏切らなかった。1813年、自ら13,000のポーランド軍を組織し、リュッツェンの戦い英語版に参加した。ライプツィヒの戦いの最中にフランス元帥に叙せられるが、そのわずか3日後、ライプツィヒからのフランス軍の退却を殿軍として支援して奮戦したが、自らは渡河中に溺死した。

その他[編集]

  • 池田理代子の漫画『天の涯まで ポーランド秘史』で主人公となっている。
  • 26元帥の1人であるため、パリブールバールには彼の名前を冠した通りがある。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名家であるポニャトフスキ家は大公家系、侯爵家系、伯爵家系など複数の分家がある。

外部リンク[編集]