アダム・フィリップ・ド・キュスティーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・フィリップ・ド・キュスティーヌ

キュスティーヌ伯爵アダム・フィリップ(Adam Philippe, Comte de Custine, 1740年2月4日 - 1793年8月28日)は、フランス軍人メスの生まれ。

経歴[編集]

アダム・フィリップ・ド・キュスティーヌ(Adam Philippe de Custine)の軍人としての経歴は七年戦争からで、続いて、アメリカ独立戦争でもイギリス軍相手に健闘した。1789年、キュスティーヌはメス地区の三部会議員に選出されたが、1791年10月、陸軍中将として再び参軍した。部下たちには「général moustache(口髭将軍)」という名前で人気があった。ヴォージュ軍最高司令官として、1792年の9月から10月にかけて、シュパイアーヴォルムスマインツ、そしてフランクフルトを次々と制圧。キュスティーヌ将軍は布告文によって革命の宣伝をし、貴族聖職者に重税を課した。

しかし、冬になると、プロイセン軍の反撃に遭い、フランクフルトに後退を余儀なくされた。さらにライン川を引き返して、ランダウ・イン・デア・プファルツまで撤退。キュスティーヌ将軍は反逆罪で訴えられた。ロベスピエールの弁護で、再び北の軍に送られたが、キュスティーヌ将軍は攻撃を仕掛けることなく、逆に、オーストリア軍がコンデに押し寄せた時も打つ手がなく、コンデを落としてしまった。キュスティーヌ将軍は弁明のためパリに送られたが、革命裁判所は、共和国の敵と共謀したとして、有罪を言い渡し、1793年8月28日、ギロチンで処刑された。

弁護しようとした息子も同じくギロチンにかけられた。その妻も同じ運命をたどるかに思われたが、孫のアストルフともども生き延びた。

参考文献[編集]

  • Alfred Nicolas Rambaud, Les Français sur le Rhin (Paris, 1880)
  • Arthur Chuquet, Les Guerres de la Révolution (1886-1895; vol. vi, "L'Expédition de Custine").
  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.