ブリュメールのクーデター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリュメール18日のクーデターで五百人会議員らに取り囲まれるナポレオン・ボナパルト将軍

ブリュメールのクーデターは、1799年11月9日共和暦8年ブリュメール(霧月)18日)、ナポレオン総裁政府を倒した軍事クーデターのこと。彼は統領政府を樹立、自ら第一統領となった。フランス革命はここに終わったとされる。ブリュメール18日のクーデターともいう。実際の革命は1794年テルミドール9日のクーデターによって終わっており、惰性で続いていたブルジョワによる革命がナポレオンによって息の根を止められたと言うべきであろう。

概要[編集]

プレリアール30日のクーデター英語版によって、総裁政府の実権を握ったシェイエスは政局を安定させるべく、強力な政府を求め憲法の改正を考えていた。憲法改正を支持する元老会を通過させることはできても、憲法擁護派の多い五百人会を説得するのは無理と思い、エジプト遠征から帰還したばかりのナポレオンを利用した軍事クーデターを画策した。このことからわかるように、そもそもナポレオンはクーデターを成功させる剣の役割でしかなかった。ナポレオン自身も「シェイエスたちが首謀しただけで、私は手先に過ぎず、主役ではなかった。ただ果実だけは頂いた」と述懐している。ナポレオンの役割は当初は受け身であって、首謀者ではなかった。それでもナポレオン自身にはエジプト遠征での敵前逃亡罪の嫌疑がかかっており、クーデターを起こすことは、自明の理であった。

シェイエスらが統領として職務に入るとき、議長を誰とするか諮ったおりに、民衆の人気と武力を背景に持つナポレオンがいち早く買って出たのである。こうして第一統領となってシェイエスらを抑えたナポレオンは5年後の1804年帝政を敷いて自ら皇帝に即位し、いわゆるナポレオン戦争へと突き進んでいくこととなる。

関連項目[編集]