サン=クルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン=クルー
Blason ville fr Saint-Cloud (Hauts-de-Seine).svg
Saint-Cloud St-Clodoald.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) オー=ド=セーヌ県
(arrondissement) ブローニュ=ビヤンクール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 92063
郵便番号 92500
市長任期 エリック・ベルドーティ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération Cœur de Seine
人口動態
人口 29 542人
2007年
人口密度 3 298人/km²
地理
座標 北緯48度50分38秒 東経2度13分09秒 / 北緯48.843838度 東経2.219082度 / 48.843838; 2.219082座標: 北緯48度50分38秒 東経2度13分09秒 / 北緯48.843838度 東経2.219082度 / 48.843838; 2.219082
標高 最低:28 m
最高:164 m
面積 7 52km² (752ha)
サン=クルーの位置
サン=クルー
テンプレートを表示

サン=クルーSaint-Cloud)は、フランスイル・ド・フランス地域圏オー=ド=セーヌ県コミューン

コミューンは、セーヌ川をはさんで右岸のブローニュの森と向かい合っており、川を見下ろす傾斜の上にある。サン=クルー公園は古くから知られる、パリ郊外有数の散歩道で、夏季の日曜日に開催されるサン=クルー祭が人気を集める。数世紀にわたり、ヴェルサイユと同様にフランス史で重要な町であり続けた。現在もサン=クルー住民の一人当たりの平均資産額は高く、2006年の全世帯平均所得税は33,770ユーロと、国内第23位であった。

地理[編集]

パリのノートルダム大聖堂の西約9.9マイル地点にあり、パリ16区と接している。丘の上のコミューンであるため、あちこちに階段やエスカレーターがある。

都市計画[編集]

普仏戦争中であったパリ包囲戦でフランス軍が敗退し、休戦協定が結ばれた2日後の1871年1月28日、サン=クルーは大火にみまわれた。19世紀末にかけ再建されたサン=クルーは、以前より増して住宅都市の色彩が濃くなった。都市化が進んだのはセーヌ河岸の一画のみに凝縮され、多くの作家や芸術家がサン=クルーを選んで移り住むようになった。

由来[編集]

5世紀、キリスト教の聖職者、聖クロドアルド(frクロヴィス1世の孫、クロドミル1世の子)は、フランク王族の血を引いた王子であった。彼は伯父が支配する宮廷の権力抗争から逃れようと、漁夫たちが暮らすセーヌ河岸のNovigentumへ移住した。彼はこの地に、トゥールのマルティヌスを祀る修道院を建て、560年に没した。死後に彼の墓で奇跡が起きたとされ、7世紀に列聖された。小さな村はSanctus Clodoaldusと名づけられ、Saint-Floud、Saint-Cloot、最終的にサン=クルーとなった。聖クロドアルドは自分の荘園の権利をパリ司教に残しており、1839年までサン=クルー公爵はフランス貴族の称号であった。

1789年、フランス革命後には聖人の名を冠している事が問題視され、短期間ポン=ラ=モンターニュ(Pont-la-Montagne)と改名された[1]

歴史[編集]

ブリュメール18日のクーデタ
普仏戦争直後、廃墟と化した城

サン=クルーは、ガロ=ローマ時代に既にあった。野蛮なフランク人たちは、ラテン語でNovientosという名の定住地を数多く作り、その1つであった(Novientosとは新しい、という意味)。

サン=クルーはノルマン人侵攻時にも知られ、百年戦争中の1356年にはブルゴーニュ派とアルマニャック派の抗争で焼け落ちた。

1588年のカトリック同盟軍のパリ包囲戦後、サン=クルー城へ移り住んだアンリ3世は、1589年に城内でジャック・クレマンに暗殺された。

パリ近郊のサン=クルー城と庭園は、1658年にオルレアン公フィリップ1世がつくった。1785年、ルイ16世は王妃マリー・アントワネットに頼まれて城を手に入れた。19世紀を通じて、城はフランス史の重要な舞台となった。ナポレオン・ボナパルトは、ブリュメールのクーデターをここで起こし、城をお気に入りの住居とした。1810年、ナポレオンとマリー・ルイーズ・ドートリッシュの法律婚が城で行われた。1814年、プロイセン元帥ブルヒャーがサン=クルー城へやってきた。復讐心に燃える彼は、タペストリーや絹布を傷つけ、部屋や図書館を荒らした。

1830年7月、シャルル10世は、憲章の廃止を盛り込んだサン=クルー布告に城内で署名した。これをきっかけに彼は王位を追われた。

1870年7月15日、サン=クルー城内にて、プロイセンへの宣戦布告が行われる会議が開催された。同年10月、パリ包囲戦後にプロイセン軍が城を占領した。プロイセン軍はフランスの建築物を守るのになんの関心もなく、火を防ごうともせず城を燃えるがままに放置した。幸運なことに、摂政皇后ウジェニーが、価値の高い芸術作品を城から出して倉庫へ移動させていた。

交通[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ L'indispensable - Guide de la ville (p. 9) sur site de la ville de Saint-Cloud. Consulté le 5 septembre 2009

外部リンク[編集]