エドヴァルド・ムンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドヴァルド・ムンク
Edvard Munch
1933年
生誕 1863年12月12日
ノルウェーの旗 ノルウェー
ヘードマルク県 ロイテン
死去 1944年1月23日(80歳)
ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ
国籍 ノルウェーの旗 ノルウェー
分野 絵画
最終学歴 王立美術工芸学校
芸術動向 表現主義
代表作
叫び
マドンナ
テンプレートを表示

エドヴァルド・ムンクEdvard Munch, 1863年12月12日 - 1944年1月23日)は、19世紀20世紀ノルウェー出身の画家『叫び』の作者として有名で、ノルウェーでは国民的な画家である。現行の1000ノルウェー・クローネの紙幣にも彼の肖像が描かれている。生と死の問題、そして、人間存在の根幹に存在する、孤独、嫉妬、不安などを見つめ、人物画に表現した。表現主義的な作風の画家として知られる。また、数多くの浮名を流したことでも知られ、恋を「昔の人が愛を炎に例えたのは正しい。愛は炎と同じように山ほどの灰を残すだけだからね」と語っている。

生涯[編集]

1863年12月12日、ノルウェーのヘードマルク県ロイテンに生まれる。一家はエドヴァルドの生まれた翌年にはクリスチャニア(オスロの旧称)へ移住。 実父は医師、で親類縁者には学者が多く名家の生まれであった。 1868年、エドヴァルドが5歳の時に母が結核のため30歳の若さで死去、1877年には15歳の姉がやはり結核で死去。エドヴァルド自身も虚弱な子供で、生き延びられないのではと心配されていたという。こうして身近に「死」を実感したことは後のムンクの芸術に生涯影響を与え続け、特に『病室での死』(1893頃)、『病める子』(1886)といった彼の初期の諸作品では直接のモチーフになっている。自己の個人的体験に基づく「愛」「死」「不安」を芸術表現に昇華し、世紀末の人々の孤独や不安を表現したことがムンクが高く評価されるゆえんである。

1881年、画学校(のちの王立美術工芸学校)に入学。クリスチャン・クローグとJulius Middelthunに師事。

1884年頃から「クリスチャニア・ボヘミアン」という、当時の前衛作家・芸術家のグループと交際するようになる。

1886年10月、絵を印象づけるため、あえて素描風に仕上げるスタイルを無意識的にとっていたのだが理解されず、クリスチャニア秋季展に『病める子』を発表すると、この絵は物議を醸し、罵倒と思えるほど批判される。

1885年に数週間パリに滞在。1889年にはノルウェー政府の奨学金を得て正式にフランス留学し、レオン・ボナのアトリエに学んだ。パリではゴーギャンファン・ゴッホなどのポスト印象派の画家たちに大きな影響を受けた。パリに着いた翌月に父が死去。この頃から「フリーズ・オブ・ライフ」(生のフリーズ)の構想を抱き始める。

1892年、ベルリンに移り、この地で『叫び』などの一連の絵を描く。ファン・ゴッホとともに、この後、ドイツを中心に起こるドイツ表現主義の運動に直接的な影響を与えた1人と考えられている。1892年、ベルリン芸術家協会で開いた展覧会はオープンから数日間で保守的な協会側から中止を要求され、スキャンダルとなった。

1890年代は、ベルリン、コペンハーゲン、パリなどヨーロッパ各地を転々とし、毎年夏は故国ノルウェーのオースゴールストランの海岸で過ごすのを常としていた。このオースゴールストランの海岸風景は、多くの絵の背景に現れる。

何人かの女性と交際したが、生涯独身を通した。1902年の夏、オースゴールストランにて数年ぶりで再会した、以前の恋人のトゥラ・ラーセンとトラブルになり、有名な発砲事件を起こす。ピストルを撃ったのが2人のうちのどちらであったかを含め、事の真相は不明だが、この事件で左手中指の関節の一部を失う怪我をした。

この頃から精神が不安定になってアルコールに溺れるようになり、1908年から1909年にかけて、デンマークの著名な精神科医のもとで療養生活を送った。

1909年にノルウェーに戻り、以後の後半生を過ごす。1909年からはクラーゲリョー、1916年から没年まではオスロ郊外のエーケリーに定住した。このノルウェー時代は、心身の健康が回復し、建築内部装飾のための大作や、雪の中で働く労働者をテーマとした作品などを手がけている。1914年にはオスロ大学から同大学講堂の装飾画制作の依頼があり、1916年に完成。同年9月19日に除幕式が行われた。これは11面のキャンバスからなる壁画で、講堂正面には巨大な太陽が描かれており、「世紀末の不安を描いた画家」のイメージとはかなり異なったものである。

有名な作品が19世紀末の1890年代に集中しており、「世紀末の画家」のイメージがあるが、晩年まで作品があり、没したのは第二次世界大戦中の1944年である。気に入った作品は売らずに手元に残しており、死後は遺言によって、手元に残していた全作品がオスロ市に寄贈された。このため代表作の多くはオスロ市立ムンク美術館に収蔵されている。

「生命のフリーズ」と装飾壁画[編集]

おもに1890年代に制作した『叫び』、『接吻』、『吸血鬼』、『マドンナ』、『灰』などの一連の作品を、ムンクは「フリーズ・オブ・ライフ」(生命のフリーズ)と称し、連作と位置付けている。「フリーズ」とは、西洋の古典様式建築の柱列の上方にある横長の帯状装飾部分のことで、ここでは「シリーズ」に近い意味で使われている。これらの作品に共通するテーマは「愛」「死」そして愛と死がもたらす「不安」である。

1902年3月、第5回ベルリン分離派展に出品した際、「生命のフリーズ」の一連の作品(22点)を横一列に並べて展示した。その時の展示状況は写真に残されていないが、翌1903年3月、ライプツィヒで開催した展覧会の展示状況は写真が現存している。それによると、展示室の壁の高い位置に白い水平の帯状の区画が設けられ、その区画内に作品が連続して展示されている。ムンクの意図は、これらを個別の作品ではなく、全体として一つの作品として見てほしいということであった。前述のベルリンの展覧会では、作品は「愛の芽生え」「愛の開花と移ろい」「生の不安」「死」という4つのセクションに分けられ、「愛の芽生え」のセクションには『接吻』『マドンナ』、「愛の開花と移ろい」には『吸血鬼』『生命のダンス』、「生の不安」には『不安』『叫び』、「死」には『病室での死』『メタボリズム』などの作品が展示された。1918年、クリスチャニア(オスロ)のブロンクヴィスト画廊での個展で「生命のフリーズ」の諸作品が展示された際、新聞に「生命のフリーズ」という文章を寄せ、その中でこれらの作品を「一連の装飾的な絵画」であると明言している。

1916年に完成したオスロ大学講堂壁画をはじめ、1906年から翌年にかけて制作した、ベルリンの小劇場のための「ラインハルト・フリーズ」、オスロ郊外のフレイア・チョコレート工場の社員食堂のために制作した「フレイア・フリーズ」(1922年完成)など、建築内部装飾のための大作をたびたび手がけている。このことから、「装飾画家」という視点から見直すべきであるということが指摘されている。

『叫び』[編集]

『叫び』

『叫び』は、その遠近法を強調した構図、血のような空の色、フィヨルドの不気味な形、極度にデフォルメされた人物などが印象的な作品でもっともよく知られ、ムンクの代名詞となっている。そのため、構図をまねたパロディが制作されたり、ビニール製の『叫び』人形が売り出されるなど、美術愛好家以外にも広く知られる作品である。

ある日、フィヨルドの近くを歩いている時に「自然をつらぬく、けたたましい、終わりのない叫びを聞いた」と言っており、その経験を絵画化したものである。すなわち、しばしば勘違いされるが、この絵は「橋の上の男が叫んでいる」のではなく「橋の上の男が叫びに耐えかねて耳を押さえている」様子を描いた絵である。前述のとおり、この作品も「生命のフリーズ」の中の一作品であり、単独の絵画としてではなく、連作として鑑賞されることがムンクの本来の意図であった。

アメリカの美術史家であるロバート・ゼンブラムは、パリの人類史博物館に展示されていたペルーのミイラが『叫び』中央の人物のモデルであるという説を唱えた。実際このミイラは丸く落ちくぼんだ目、開いた口、頬に当てられた手、痩せた体など、『叫び』の人物と共通点が多い。

『叫び』は4点制作され、ムンク美術館に2点所蔵されているほか、オスロ国立美術館所蔵と個人所蔵のものが1点ずつあることが知られている。このうちオスロのムンク美術館に所蔵されていた1点が、『マドンナ』とともに2004年8月に盗み出されたが、2点とも2006年8月31日にオスロ市内で発見された。『叫び』は、1994年2月にもオスロ国立美術館所蔵の1点が盗難に遭い、同年5月の犯人逮捕時に発見されている。

2012年5月2日、唯一個人所有(ノルウェーの実業家ペッター・オルセン所蔵)であった1点、唯一背景の1人の人物が横を向いた構図になっている絵画が、ニューヨークで競売にかけられ、1億1990万ドル(約96億円、手数料含)で落札された。絵画の競売落札価格としては史上最高額。落札者は非公表。

代表作[編集]

  • 叫び (1893)(オスロ、ムンク美術館)→2004年8月22日、武装した覆面の2人組により略奪されたが2年後にオスロ市内で発見。
  • マドンナ (1893-94) (ムンク美術館)→同上
  • 思春期 (1894)(オスロ国立美術館)
  • 別離(1896)
  • 接吻(1897)

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 「ムンク展」カタログ、国立西洋美術館、兵庫県立美術館、東京新聞編、東京新聞発行、2007

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]