モンティニー=ル=ブルトンヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Montigny-le-Bretonneux
Blason ville fr Montigny-le-Bretonneux (Yvelines).svg
Montigny le Bx Mairie.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) ヴェルサイユ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78423
郵便番号 78180
市長任期 ミシェル・ロジエ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération de Saint-Quentin-en-Yvelines
人口動態
人口 34,682人
2007年
人口密度 3,250人/km²
住民の呼称 Ignymontains
Ignymontaines
地理
座標 北緯48度46分16秒 東経2度02分00秒 / 北緯48.771111度 東経2.033333度 / 48.771111; 2.033333座標: 北緯48度46分16秒 東経2度02分00秒 / 北緯48.771111度 東経2.033333度 / 48.771111; 2.033333
標高 平均:m
最低:150 m
最高:171 m
面積 10.67km² (1067ha)
Montigny-le-Bretonneuxの位置(フランス内)
Montigny-le-Bretonneux
Montigny-le-Bretonneux
公式サイト Montigny-le-Bretonneux.fr
テンプレートを表示

モンティニー=ル=ブルトンヌーMontigny-le-Bretonneux)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン。1968年代以降、自治体間連合サン=カンタン=アン=イヴリーヌに加わったことから劇的に人口が増加した。

地理[編集]

モンティニー=ル=ブルトンヌーは、パリの南西約20km、ヴェルサイユから4kmの地点にある。南部にわずかに残った森林をのぞけば、コミューン全体が都市化されている。

歴史[編集]

長い間、モンティニー=ル=ブルトンヌーは、パリ近郊の小さな村であった。モンティニーとは『(標高の)高い土地』を意味する言葉である(ロマンス諸語ではmontani)。ル=ブルトンヌーについては2つの説がある。

  • 最も支持されているのは、古フランク語で湿地を意味するbrestoineuxから派生した名称だというもの
  • その他の仮説は、中世にこの地にいたブルトン人領主の存在を示すというもの

フランス革命以前、村はヴェルサイユ宮殿の庭園の一部であった。例として、カトル・パヴェ・デュ・ロワ通り(L'avenue des Quatre Pavés du Roy)とは、王領との間を区切るために使われた、フルール・ド・リスの銘がある4つの敷石を意味している。これらの敷石は、現在のコミューン紋章の中に見ることができる。

交通[編集]

  • 道路 - A12、N10、N12、N286
  • 鉄道 - RER C線と、トランジリアンN線およびU線。サン=カンタン=アン=イヴリーヌ=モンティニー=ル=ブルトンヌー駅

姉妹都市[編集]