ルヴァロワ=ペレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルヴァロワ橋からの夜景
ルヴァロワ=ペレ
市内の通り
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) オー=ド=セーヌ県
(県庁所在地)
(arrondissement) ナンテール郡
INSEEコード 92044
郵便番号 92300
市長任期 パトリック・バルカニー
(2001-)
自治体間連合 (fr) Aucune
人口動態
人口 63,272人
2008年
人口密度 26,079人/km²
地理
座標 北緯48度53分38秒 東経2度17分19秒 / 北緯48.893888888889度 東経2.2886111111111度 / 48.893888888889; 2.2886111111111座標: 北緯48度53分38秒 東経2度17分19秒 / 北緯48.893888888889度 東経2.2886111111111度 / 48.893888888889; 2.2886111111111
標高 最低:23m
最高:34m
面積 2,42 km²km²
ルヴァロワ=ペレの位置(フランス内)
ルヴァロワ=ペレ
ルヴァロワ=ペレ
公式サイト ルヴァロワの町
テンプレートを表示

ルヴァロワ=ペレ(Levallois-Perret)フランスパリ北西部に位置するオー=ド=セーヌ県コミューン。セーヌ川の右側を占めている。パリ中心部からの距離は6.4キロメートルの距離にある。ルヴァロワと省略される。

住んでいる人々はルヴァロワジアン(Levalloisiens)と呼ばれる。人口密度 25000人/km²規模はフランスで第一位であり、ヨーロッパでも最も人口密度の多い地域のひとつである。

地質[編集]

地階は、花崗岩頁岩の基盤のできており、500メートルの厚さの第三紀層に支えられている。さらに下の地階の上部は、第四紀層まで遡る。 それらの層では、技術者のベルグランらによってマンモスカバサイトナカイなどの骨が発見されている。

ネアンデルタール人が使っていたとされる火打ち石の製法はルヴァロワ技法Levallois technique)と呼ばれるが、ルヴァロワの砂採取場で見つかった火打ち石から名づけられたためである。

地理[編集]

語源[編集]

ルヴァロワ=ペレの名前は1822年の最初の町の分譲に携わったニコラ・ウジェーヌ・ルヴァロワ(Nicolas Eugène Levallois)と、ジャン=ジャック・ペレ(Jean-Jacques Perret)からとられた。性の語源に関する辞書の著者であるマリー=テレーズ・モルレ(Marie-Thérèse Morlet)によれば、ルヴァロワの語源は『谷』を意味する"val" から派生した言葉であるという。

位置[編集]

ルヴァロワ=ペレの紋章。ミツバチが表されている

ルヴァロワは、セーヌ川の右側を占めている。 東側はパリ17区、南はヌイイ=シュル=セーヌ、そして北はクリシーに接している。

グランド・ジャット島の北部は、ルヴァロワの領域に属しており、そこではルヴァロワの特産品である蜂蜜を生産するための養蜂場を有している。また、そのミツバチは都市の紋章にも現れている。