レ・ミュロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Les Mureaux
Blason Les Mureaux01.svg
Les Mureaux - Mairie01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) マント=ラ=ジョリー郡
小郡 (canton) ムラン小郡
INSEEコード 78440
郵便番号 78130
市長任期 フランソワ・ガレ
2008年-2014年
人口動態
人口 31,379人
1999年
人口密度 2617人/km²
住民の呼称 Muriautins/Muriautines
地理
座標 北緯48度59分15秒 東経1度55分02秒 / 北緯48.9875度 東経1.9172度 / 48.9875; 1.9172座標: 北緯48度59分15秒 東経1度55分02秒 / 北緯48.9875度 東経1.9172度 / 48.9875; 1.9172
標高 平均:m
最低:18 m
最高:53 m
面積 11.99km² (1 199ha)
Les Mureauxの位置
Les Mureaux
公式サイト www.mairie-lesmureaux.fr
テンプレートを表示

レ・ミュローLes Mureaux)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県の都市。

地理[編集]

パリの西約39kmの地点にある。セーヌ川の左岸にある工業都市で、対岸はムランとアルドリクールである。

歴史[編集]

ベシュヴィル城

レ・ミュローとは、ラテン語で町を取り囲む壁を意味するmurelliに由来する。

  • 紀元前3000年頃の巨石記念物が、19世紀後半に発見されている。
  • 中世には、ムラン伯爵家の砦がレ・ミュロー村にあった。
  • 16世紀から約2世紀にわたって、ブルゴーニュ出身のヴィオン家がミュロー領主となった。ベシュヴィル城はヴィオン家の居城であった。
  • 1811年、ピエール・ダリュ伯爵がレ・ミュローの土地とベシュヴィル城を購入した。
  • 1843年、ミュロー駅が設置された。
  • 1850年から1860年にかけ、伯爵ナポレオン・ダリュ(ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌが代父母となった)がベシュヴィル城を再建した。
  • 1952年、ミュローの工場でつくられた軍事輸送機ノール ノラトラが初飛行を行った。
  • 1950年代から1960年代にかけ、グラン・アンサンブル(fr、高層集合住宅群)が建設された。

交通[編集]

姉妹都市[編集]