ムラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > イル=ド=フランス地域圏 > セーヌ=エ=マルヌ県 > ムラン


ムラン
Blason ville fr Melun (SeineMarne).png
Ile st etienne melun 2006.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=エ=マルヌ県
(arrondissement) ムラン郡
小郡 (canton) 2小郡庁所在地
INSEEコード 77288
郵便番号 77000
人口動態
人口 37,800人
2005年
人口密度 4,701人/km²
地理
座標 北緯48度19分21秒 東経2度23分37秒 / 北緯48.3226度 東経2.3936度 / 48.3226; 2.3936座標: 北緯48度19分21秒 東経2度23分37秒 / 北緯48.3226度 東経2.3936度 / 48.3226; 2.3936
標高 平均:54m
最低:37m
最高:102m
面積 8.04km²
ムランの位置(フランス内)
ムラン
ムラン
テンプレートを表示

ムラン(Melun)はフランス中央部、イル=ド=フランス地域圏の都市、セーヌ=エ=マルヌ県の県庁所在地である。1999年の人口は約3万5千人。

地理[編集]

パリの南東に位置するセーヌ川河畔の街で、ガティネ地方とブリー地方の間に位置する。ムランは三つの部分からなる

  • サン・テチエンヌ島:セーヌ川の中洲
  • 南岸地区:ヴァレンヌ平野に位置し、フォンテヌブローの森に近接する。
  • 北岸地区:アルモン谷とブリー高原に接する。

歴史[編集]

紀元前52年の記録によって、現在ムランがある場所に集落があったことが確認される。ムランの名が最初に現れるのは6世紀のラテン語の文献である(メルネウム、Meluneum)。

この都市はある伯爵の領土となったが、のちノルマン人によって包囲された。市民はよく包囲戦に耐えたことが史書には記されている。

文化[編集]

特産品[編集]

姉妹都市[編集]

外部サイト[編集]