プレジール (イヴリーヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Plaisir
Blason Plaisir 78.svg
Plaisir Mairie.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏Blason France moderne.svg
(département) イヴリーヌ県Blason département fr Yvelines.svg
(arrondissement) ヴェルサイユ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78490
郵便番号 78370
市長任期 ジョエル・ルニョー
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) なし
人口動態
人口 30,837人
2007年
人口密度 1,651人/km²
住民の呼称 Plaisirois
地理
座標 北緯48度49分06秒 東経1度56分50秒 / 北緯48.8183333333度 東経1.94722222222度 / 48.8183333333; 1.94722222222座標: 北緯48度49分06秒 東経1度56分50秒 / 北緯48.8183333333度 東経1.94722222222度 / 48.8183333333; 1.94722222222
標高 平均:m
最低:92 m
最高:173 m
面積 18.68km² (1 868ha)
Plaisirの位置(フランス内)
Plaisir
Plaisir
公式サイト www.ville-plaisir.fr
テンプレートを表示

プレジールPlaisir)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県の都市。

地理[編集]

プレジールは、パリの郊外にあり、ポルト・ドートゥイユ(fr)より約30マイル、ヴェルサイユの西13km、ヴェルサイユ平野にある。コミューン面積の半分は森林と農地である。コミューンはいくつかの定住地に構成されて広がっている。

歴史[編集]

プレジール城
プレジール病院

コミューンの名は、ラテン語で喜びを意味するplacicium、または強固な土地を意味するplesciciumに由来する。

8世紀発祥の修道院、13世紀半ばに建てられたサン=ピエール教会がある。

封建時代のプレジールは、ノーフル・ル・シャトー男爵(Neauphle-le-Château)領であった。フランソワ・ダングレーム(のちのフランソワ1世)とクロード・ド・フランスが結婚した際、プレジールは王領となった。1537年、フランソワ1世は愛妾エタンプ公爵夫人にノーフィル・ル・シャトー男爵領を与えた。最後のプレジール領主は、ルイ16世の警護隊長ルイ・ド・コッセ=ブリサックであった。

18世紀後半、ラ・ブレテシェユ(la Bretéchelle)、ラ・ボワシエール(la Boissière)、ル・ビュイッソン(le Buisson)、ラ・シェヌ(la Chaîne)、ル・ヴィラージュ(le Village)、レ・プティ・プレ(les Petits-Prés)、そしてレ・ガティヌ(les Gâtines)の7つの村にはおよそ1000人が暮らしていた。プレジールの村の中心には2つの小川が交差していた。

1862年に鉄道がプレジールに敷かれた。また、修道女が介護を行う精神病院が置かれた。

小さな農村だったプレジールは、20世紀半ばには精神病院の入所者を加えて人口が2倍になっていた。1960年代からニュータウン建設が始まり、サン=カンタン=アン=イヴリーヌのコナベーションが形成された。2000年以降も堅調な都市化が進んでいる。

経済[編集]

プレジールには工業・商業エリアが6箇所あり、およそ1225社がある。代表的なのはイケア・フランスである。

交通[編集]

  • 鉄道 - トランジリアンN線プレジール-グリニョン駅、プレジール駅
  • 道路 - N12、D30、D58、D11
  • バス - ウルトゥール(fr)によるバス路線あり

姉妹都市[編集]