ゴネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gonesse
Blason de Gonesse.svg
Gonesse - Hotel de ville 01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) サルセル郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 95277
郵便番号 95500
市長任期 ジャン=ピエール・ブラジー
2008年-2014年
人口動態
人口 26,262人
2007年
人口密度 人/km²
住民の呼称 Gonessiens
地理
座標 北緯48度59分00秒 東経2度27分00秒 / 北緯48.9833度 東経2.4500度 / 48.9833; 2.4500座標: 北緯48度59分00秒 東経2度27分00秒 / 北緯48.9833度 東経2.4500度 / 48.9833; 2.4500
標高 平均:53m
最低:39m
最高:97m
面積 20.09km² (2 009ha)
Gonesseの位置
Gonesse
公式サイト http://www.ville-gonesse.fr
テンプレートを表示

ゴネスGonesse)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県コミューン

地理[編集]

パリ中心部より北北東約18kmの位置にある。ゴネスは、ペイ・ド・フランス地方近くの、小さなクルー川谷の両岸に広がる。

交通[編集]

  • 鉄道 - RER D線ヴィリエ=ル=ベル-ゴネス-アルヌヴィル駅

歴史[編集]

1780年代のゴネス
サン=ピエール・サン=ポール教会

832年にゴネスの名が現れる以前は、Gaunissaの名があり、多くの発掘物の出土から先史時代より人が定住していたことがわかっている。

ゴネスはユーグ・カペーによって王領とされた。

1210年、ゴネスに病院がつくられ、尊敬を集めた。

ルイ9世は、ゴネス住民を農奴の身分から解放した[1]

11世紀から14世紀のゴネスは、gaunaceと呼ばれる羊毛の織物で知られていた。クルー川沿いの風車では糸が撚られ、布が織られていた。織物と革の売買が盛んに行われていた。

13世紀から、ゴネスの小麦粉やパンが熱心に求められるようになった。15世紀から17世紀、ゴネス産のコムギで作られたパンの品質は、例として『ゴネスのロールパン』(le pain mollet de Gonesse)と呼ばれ、しっかりした評判を得ていた。

14世紀には防衛が強化されていた村を、1429年にジャンヌ・ダルクが通過している。国民的英雄はダーム=ジャンヌの泉で水を飲むため足を止めたと伝えられるが、この泉は消えうせてしまっている。

ルイ11世時代の1465年、ブルゴーニュ派の軍隊が王に従うすべての物を略奪して荒らした。

ユグノー戦争フロンドの乱において、ゴネスは戦場となった。

1783年8月27日、ジャック・シャルルがつくった世界初のガス気球が、16kmの飛行に成功し着陸した。

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dictionnaire historique des environs de Paris du docteur Ermete Pierotti