バンリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーム郊外の巨大団地
ヴェルサイユ近郊に広がる郊外住宅地。アメリカ合衆国の郊外と同様の「豊かなバンリュー」も存在する

バンリュー(Banlieue)はフランス語で「郊外」という意味である。フランスで「郊外(バンリュー)」が問題になる場合は、パリなど大都市郊外の、移民が多い貧しい公営住宅地帯を指す場合が多い。

文字通りの意味はBan(禁止された)Lieue(マイル・もしくはリーグ)で、かつて商業を行う城壁都市を取り巻くように設置された、認可された商取引以外が禁止されていた地域のことである。また立ち入り禁止の区域という意味であったとも、布告(バン)の声が届く範囲の1リーグという意味であったとも、諸説ある。

フランスでは英米と違い、ジョルジュ・オスマン男爵による19世紀のパリ大改造の影響もあって、通常、大都市の都心部やかつての城壁の中に当たる街区が最もグレードの高い住宅地で、郊外はどちらかといえば家賃の低い区域である。郊外には高級住宅地もあれば貧しい地域もあるが、パリ西部のイヴリーヌ県ヴェルサイユル・ヴェジネ(Le Vésinet)、オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ(Neuilly-sur-Seine)などは裕福な郊外で、一方、北東部のセーヌ=サン=ドニ県、とりわけクリシー=ス=ボワ(Clichy-sous-Bois)は貧困な郊外である。

パリのバンリュー[編集]

パリ及びその郊外コミューン住民の平均年収を色分けした地図。色が濃い場所ほど高所得者が暮らす。西部が高所得者層であるのと対照的に、北東部は低所得者層や移民が多い

パリのバンリューはいくつかのエリアに分けられる。北東部は、都市が集中した古くからの工業地帯で労働者が多く暮らす。セーヌ=サン=ドニ県、ヴァル=ド=マルヌ県がこれにあたる。西部は全般的に人口が少なく、ビジネス・センターであるラ・デファンスも含まれる。南東部は住民層が均質でない。パリに近い多くのコミューンは、『騒ぎが起きやすい』バンリューだとみなされている(バニューマラコフカシャンフレンヌマシーなど)。その中に、評判がまだ良い住宅地であるコミューンが散在している(ヴェリエール=ル=ビュイッソンシャトネ=マラブリーアントニーフォントネー=オー=ローズソーなど)。

さらに遠く離れたパリ南部のバンリューは2つのエリアに分けられる。一方がセーヌ川に面した、労働人口が集まった場所で、イヴリーヌ県の都市(シャントルー=レ=ヴィーニュサルトルーヴィルレ・ミュローマント=ラ=ジョリーポワシーアシェールリメートラップオーベルジャンヴィルなど)やエソンヌ県の都市(エヴリークールクーロンヌグリニーコルベイユ=エソンヌフルーリ=メロジスなど)がこれにあたる。一方で、高所得者が集まるバンリューもある(ビエーヴル川谷やシュヴルーズ)。

「移民の多い公営住宅地帯」[編集]

1970年代から1980年代ごろから、「バンリュー(郊外)」という言葉は、パリなどの大都市のはずれにある、旧植民地からの移民(アルジェリアモロッコからのアラブ人サハラ以南からの黒人)が主に住む低所得世帯用公営住宅団地婉曲に指して使うことが多くなった。こうしたフランス語の用法はフランスに限られ、カナダケベック州アフリカのフランス語圏では使われない。

フランスは第二次世界大戦からの復興過程で多くの移民を旧植民地から受け入れ、初めのうちはビドンヴィル(掘立て小屋のバラック集落)に住まわせていたが、1960年代以降、パリ東部をはじめ全国の大都市のバンリューに、移民労働者に安価な住宅を大量に提供するために団地群が建設された。しかしこれらの団地は仮住まい用の簡素なつくりで、一時滞在用なので交通の便利性は考慮されず、都心部からは隔離されたような位置にあった。

石油ショックによって移民を必要とした好景気は終わり、1980年代以降、フランスの若い世代全体に新規の求職がない状態が続き、とりわけ人種の違う移民2、3世の若者は求職で合格をもらうことが困難で失業率が増加した。非行化が進む移民2、3世の少年達によって軽犯罪が増加した結果、バンリューの団地はフランス社会から貧困で危険な地域だと見られるようになった。またバンリューの少年達は各地で増加する軽犯罪や落書き、野蛮な振る舞いの主要因とみなされるようになった。こうした犯罪増加と移民への危険視をうけて、ジャン=マリー・ルペン率いる極右政党国民戦線」は、法律刑罰の厳格な執行や、移民の制限という綱領をかかげ、1990年代初頭にかけて躍進した。1990年代からバンリュー問題は社会問題となり、特にバンリューの若者の荒廃したありようを描いた映画憎しみ』(1995年)はフランス社会に衝撃を与えた。

フランスのバンリューは、高い犯罪率、ドラッグの取引、そしてラップ・ミュージックの流行などアメリカの「ブラック・ゲットー(黒人スラム)」に似ているといわれる。家族を呼び寄せた移民の中にはフランス語をあまり話せなかったり、祖先の国に対する思い入れは無くても、宗教は改宗せずにイスラム教などをそのまま信奉するものが多く、カトリックなどの伝統的なフランス社会やコミューンとの軋轢を生んだ結果、失業などに苦しみ、社会への怒りが増幅している。フランス大統領のニコラ・サルコジは内相時代、彼らのことを「人間のクズ」と述べて物議をかもした。

2005年10月27日には、パリの北東部のバンリュー、クリシー=ス=ボワで、同地の変電所警官から隠れようとした二人のティーンエイジャーが感電死したことをきっかけに、数百人の青少年と官憲による大規模な衝突や暴動が発生した。これを発端とする2005年パリ郊外暴動事件は、11月以降フランス全土に広がって政府を危機に陥れた。

「赤いバンリュー」[編集]

『Banlieues rouges』(赤いバンリュー、赤い郊外)とは、伝統的にフランス共産党が強く、市長職やその他選挙で選ばれる役職を独占するパリの郊外のことである。「Ceinture Rouge」(赤いベルト)ともいう。最初の兆しは、1930年ころから見られた。パリ南東のイヴリー=シュル=セーヌや南西のシャティヨン(Châtillon)などが共産党の牙城として知られている。こうした地域では『ユーリイ・ガガーリン通り』など、いくつかの通りが共産圏の人物にちなんで名づけられている事がある。

フランス文化・スポーツにおけるバンリュー[編集]

バンリューは多くのミュージシャンスポーツ選手などの生まれ故郷でもある。1998年のFIFAワールドカップで活躍し優勝したフランス代表チームは、マルセイユのバンリュー(ラ・カステラン地区の団地)出身のジネディーヌ・ジダンをはじめ、パリのバンリュー出身のティエリ・アンリニコラ・アネルカナント出身の主将マルセル・デサイーなど多民族からなり、「フランスの多民族の共存の象徴」と賞賛された。

近年のフランス映画では、荒廃したバンリューを舞台にした社会派映画・アクション映画なども多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]