ニコラ・アネルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラ・アネルカ Football pictogram.svg
Nicolas Anelka 4720.jpg
名前
本名 ニコラ・セバスティアン・アネルカ
愛称 ニコ、サイレントキング
ラテン文字 Nicolas ANELKA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1979年3月14日(35歳)
出身地 ル・シェネ
身長 185cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム インドの旗 ムンバイ・シティFC
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1983-1993 フランスの旗 トラップ・サンカンタン
1993-1995 フランスの旗 クレールフォンテーヌ
1995-1996 フランスの旗 パリ・サンジェルマン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 10 (1)
1997-1999 イングランドの旗 アーセナル 65 (23)
1999-2000 スペインの旗 レアル・マドリード 19 (2)
2000-2002 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 39 (10)
2001-2002 イングランドの旗 リヴァプール (loan) 20 (4)
2002-2005 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 89 (37)
2005-2006 トルコの旗 フェネルバフチェ 39 (14)
2006-2008 イングランドの旗 ボルトン 53 (21)
2008-2012 イングランドの旗 チェルシー 125 (38)
2012-2013 中華人民共和国の旗 上海申花 22 (3)
2013 イタリアの旗 ユヴェントス (loan) 2 (0)
2013-2014 イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 12 (2)
2014- インドの旗 ムンバイ・シティ
代表歴
1997 フランスの旗 フランス U-20 3 (0)
1998-2010 フランスの旗 フランス 69 (14)
監督歴
2012 中華人民共和国の旗 上海申花(選手兼コーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラ・セバスティアン・アネルカNicolas Sebastian Anelka, 1979年3月14日 - )は、フランスル・シェネ出身のプロサッカー選手インディアン・スーパーリーグムンバイ・シティFC所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

1996年にフランスリーグ・アンパリ・サンジェルマンで選手生活をスタート。育成段階から指導者の評価は高く、同じFWで2歳年上のティエリ・アンリダヴィド・トレゼゲよりも将来を期待されていた。その後、18歳ながら50万ポンドという異例の高額で1997年にFAプレミアリーグ・アーセナルへ移籍し、得点を着実に重ねて評価を上げた。ペレはこの頃の彼を評し、「ストライカーに必要なものを全て兼ね備えている」とベタ褒めした。1999年にスペインのレアル・マドリードに移籍するも、怪我もあり不振が続いたことがあり高い評価を得られなかった。UEFAチャンピオンズリーグでは予選で2度大敗した天敵バイエルンに準決勝で2得点を奪い、勝利に貢献するという活躍もあったが結局退団。それからパリ・サンジェルマン、リヴァプールマンチェスター・シティと移籍を繰り返し、フランス代表からは遠ざかっていた。常々フランス代表のメンバーに名を列ねているが、過去3度のW杯の代表選考では最後の方で毎回落選している。唯一EURO2000の時だけメンバーに選ばれ、優勝を経験。

ジャック・サンティニが指揮を執るフランス代表では、招集初期の親善試合で目覚ましい活躍を見せ「奴は俺たちのロナウドなのさ」とチームメイトからも賞賛されたが、レアル・マドリード移籍を境に低迷、なかなかメンバーに定着せず、怪我をしたシドニー・ゴブの代理招集を拒否してからは完全に代表と決別。2005年1月に移籍したトルコフェネルバフチェSKでの活躍により、11月上旬に行われたコスタリカとの親善試合で、およそ3年ぶりに代表復帰を果たす。しかし2006年ドイツW杯時にフランス代表FWのジブリル・シセが骨折で絶望となった際にもレイモン・ドメネク監督に批判的だと見られた彼は代表に招集されず代役として選ばれたのはシドニー・ゴブだった[1]

2006年8月にボルトンに1180万ユーロ(約17億円)で移籍。2008年1月までに53試合出場21得点の成績を残し、同年1月11日にチェルシーに1500万ポンド(約32億円)で移籍[2]。しかし本職のCFではなくウィングを任されるなど本来の力は発揮できず、わずか2得点に終わる。2008-09シーズンはスコラーリ監督の下、CFのレギュラーとしてゴールを量産。監督がヒディンクに代わってからはディディエ・ドログバに出場機会を譲ることが多くなるが、結局シーズン通算19得点でプレミアリーグ得点王に輝いた。ドログバとの2トップを自ら望むなど、その性格からは珍しい一面を見せたが、これはリヴァプール時代にマイケル・オーウェンと2トップを組んだ時などチャンスメイクする楽しさを覚えたからだという。なお、ルイス・フェリペ・スコラーリには「ドログバとの共存は不可能」と言われていたが、その後ドログバとは素晴らしい連携を見せるようになり、プレミアリーグでも屈指の2トップとなった。後にアネルカは「チェルシーに入団した時からドログバと一緒にプレーしたかった」と語っている[3]

フランス代表でのアネルカ(2008年)

2010 FIFAワールドカップのメンバーに選出されたが、グループステージ2戦目のメキシコ戦のハーフタイム中、ドメネク監督に対して暴言を吐いたとしてチームから追放された。その後、フランスサッカー協会に18試合(親善試合も含む)の出場停止を言い渡された。大会後に代表引退を表明した[4]

2012年1月、中国サッカー・スーパーリーグ上海申花に移籍し、7月にはチェルシー時代の同僚ドログバと再会するも給料の未払いなどから共に移籍を志願した。

2013年1月、ユヴェントスFCに5ヶ月のレンタルで移籍が決定するも出場機会はほとんどなかった。

2013年7月、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに移籍決定。

2013年12月28日に行われたウェストハム・ユナイテッドFC戦で「ケネル」と言われる反ユダヤ主義のジェスチャーをし、5試合の出場停止と8万ポンドの罰金処分を受けた[5]。なお、この騒動でウェスト・ブロムウィッチの胸スポンサーを務めていたZoopla社が2013-14シーズン限りでの撤退を決定した[5]

この騒動で出場停止中に、自身のTwitterでウェスト・ブロムウィッチとの契約解除を発表[6]、ウェスト・ブロムウィッチは否定したが、ソーシャルメディアを使用した発表を規律違反と見なされ解雇を通告された[7]

2014年4月6日、アトレチコ・ミネイロアレシャンドレ・カリウ会長が自身のTwitterでアネルカのアトレチコ・ミネイロ加入をツイートした[8]。しかし、アネルカがクラブに知らせずクウェートで行われたイベントに勝手に参加したことにより、4月15日にアトレチコ・ミネイロ幹部のエドゥアルド・マルフが契約の取りやめを明らかにした[9]

人物[編集]

ヴェルサイユ生まれだが両親はフランス領マルティニーク出身で[10]、本人は2004年にムスリムであることを公表している。「Abdul-Salam Bilal」というムスリム名を持っている。

これまで6ヶ国、12クラブを渡り歩いており、チェルシーに移籍した時点での彼へのこれまでの移籍金の総額は8700万ユーロ(約140億円)に上り、これはクリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリードに移籍するまでサッカー史上最高額であった。アネルカ自身、様々な土地のクラブでプレーすることに魅力を感じている[3]

かつての恩師であったアーセン・ベンゲルからは「自分が指導した中で最も優れたFW」と称賛されている[11]

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 リヴァプールFC 2001.12-2002 (loan)
イタリアの旗 ユヴェントスFC 2013.1-2013.6 (loan)

個人成績[編集]

7 February 2013現在[12][13][14][15][16][17]
クラブ リーグ カップ リーグ杯 国際大会 その他 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フランス リーグ クープ・ドゥ・フランス クープ・ドゥ・ラ・リーグ ヨーロッパ その他 通算
1995–96 パリ・サンジェルマンFC リーグ・アン 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
1996–97 8 1 0 0 1 0 1 0 0 0 10 1
イングランド リーグ FAカップ フットボールリーグカップ ヨーロッパ その他 通算
1996–97 アーセナルFC プレミアリーグ 4 0 0 0 0 0 0 0 4 0
1997–98 26 6 9 3 3 0 2 0 40 9
1998–99 35 17 5 0 0 0 5 1 1 1 46 19
スペイン リーグ コパ・デル・レイ コパ・デ・ラ・リーガ ヨーロッパ その他 通算
1999–00 レアル・マドリード リーガ・エスパニョーラ 19 2 1 0 10 2 3 3 33 7
フランス リーグ クープ・ドゥ・フランス クープ・ドゥ・ラ・リーグ ヨーロッパ その他 通算
2000–01 パリ・サンジェルマンFC リーグ・アン 27 8 0 0 1 0 9 5 37 13
2001–02 12 2 1 0 0 0 7 3 20 5
イングランド リーグ FAカップ フットボールリーグカップ ヨーロッパ その他 通算
2001–02 リヴァプールFC プレミアリーグ 20 4 2 1 0 0 0 0 0 0 22 5
2002–03 マンチェスター・シティFC 38 14 1 0 2 0 41 14
2003–04 32 16 4 4 2 0 5 4 43 24
2004–05 19 7 0 0 0 0 19 7
Turkey League テュルキエ・クパス リーグ杯 ヨーロッパ その他 通算
2004–05 フェネルバフチェSK スュペル・リグ 14 4 2 0 2 0 18 4
2005–06 25 10 6 2 6 0 37 12
2006–07 0 0 0 0 2 0 2 0
イングランド リーグ FAカップ フットボールリーグカップ ヨーロッパ その他 通算
2006–07 ボルトン・ワンダラーズFC プレミアリーグ 35 11 3 0 1 1 39 12
2007–08 18 10 0 0 0 0 4 1 22 11
チェルシーFC 14 1 3 1 2 0 5 0 0 0 24 2
2008–09 37 19 5 4 0 0 12 2 54 25
2009–10 33 11 4 1 0 0 7 3 1 0 45 15
2010–11 32 6 3 1 1 2 9 7 1 0 46 16
2011–12 9 1 0 0 2 0 4 0 15 1
中国 リーグ FAカップ CSL杯 アジア その他 通算
2012 上海申花 スーパーリーグ 22 3 2 0 24 3
イタリア リーグ杯 コッパ・イタリア リーグ杯 ヨーロッパ その他 通算
2012–13 ユヴェントスFC セリエA 2 0 0 0 1 0 0 0 3 0
通算 フランス 49 11 1 0 2 0 17 8 0 0 69 19
イングランド 352 122 39 15 13 3 53 18 3 1 460 159
スペイン 19 2 1 0 10 2 3 3 33 7
トルコ 39 14 8 2 10 0 57 16
中国 22 3 2 0 24 3
イタリア 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3 0
総通算 483 152 51 17 15 3 91 28 6 4 646 204

獲得タイトル[編集]

クラブタイトル[編集]

ナショナルタイトル[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仏にジダンの悪夢再び、FWシセ骨折で出場絶望”. 読売新聞 (2006年6月8日). 2010年7月5日閲覧。
  2. ^ ボルトンのアネルカ、チェルシーへ移籍”. ロイター (2008年1月12日). 2010年7月5日閲覧。
  3. ^ a b Goal.com 将来の移籍を計画しているアネルカ 2009年12月16日
  4. ^ アネルカが代表引退を正式に表明
  5. ^ a b アネルカ、差別的ジェスチャーで5試合の出場停止 Goal 2014年2月28日
  6. ^ アネルカ:「ウェスト・ブロムウィッチと契約解除」 Goal 2014年3月15日
  7. ^ ウェスト・ブロムがアネルカに解雇通告 Goal 2014年3月15日
  8. ^ アネルカ、新天地はブラジルが濃厚 Goal 2014年4月7日
  9. ^ A・ミネイロ、アネルカ獲得をキャンセル Goal 2014年4月16日
  10. ^ http://number.bunshun.jp/articles/-/12134?page=2
  11. ^ http://number.bunshun.jp/articles/-/12134
  12. ^ Anelka career stats”. Football Database.eu. 2013年2月7日閲覧。
  13. ^ Anelka British stats”. 11v11.com. 2013年2月7日閲覧。
  14. ^ Anelka French stats”. LFP. 2013年2月7日閲覧。
  15. ^ Anelka Turkey stats”. TFF. 2013年2月7日閲覧。
  16. ^ Anelka Chelsea stats”. Bounder.Friardale.co.uk. 2013年2月7日閲覧。
  17. ^ Anelka UEFA stats”. UEFA. 2013年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]