フランク・ルブーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・ルブーフ Football pictogram.svg
Frank Leboeuf.jpeg
名前
本名 Franck Alain James Leboeuf
カタカナ フランク・アラン・ジェームス・ルブーフ
ラテン文字 Franck LEBOEUF
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1968年1月22日(46歳)
出身地 ブーシュ=デュ=ローヌ県マルセイユ
身長 184cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
代表歴
1995–2002 フランスの旗 フランス 50 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランク・ルブーフ(Franck Leboeuf, 1968年1月22日 - )は、フランスブーシュ=デュ=ローヌ県マルセイユ出身で元同国代表の元サッカー選手。ポジションはDF。ルブフ、ルバフと表記されることもある。

その特徴的なスキンヘッドがトレードマーク。強靭なフィジカルと空中戦の強さを持ち、的確なカバーリングとポジショニングでピンチを防ぐことを得意とした。

1988年にスタッド・ラヴァルでプロとしてのキャリアをスタートし、同年8月13日のOGCニース戦にてプロデビュー。その後活躍が認められ、RCストラスブール、遂にはプレミアシップチェルシーFCへと移籍、同じフランス代表のチームメイトでもあったマルセル・デサイーとともに鉄壁守備陣を構築した。チェルシーでは200試合以上出場し、24ゴールをあげている。30代を過ぎると、能力に陰りが見え始め、故郷でもあるオリンピック・マルセイユに移籍、その後は2003-2004シーズンはカタールリーグのアル・サッドでプレー、2005年にキャリアを終えた。

また、フランス代表においてはストラスブール時代の1995年7月22日ノルウェー戦にて代表デビュー。翌年のEURO'96でもメンバー入り、1998年W杯のグループリーグのデンマーク戦ではフル出場、決勝ではレッドカードで出場不可のローラン・ブランの代わりで出場し、優勝のタイトルをつかむ。EURO2000でもブランの控えであったがバックアッパーとしてチームの優勝に貢献し、2002年W杯では念願の開幕戦スタメンであったが、セネガルに予想外の負けを喫しチームはグループリーグ敗退となってしまった。

ローラン・ブランとマルセル・デサイーの全盛期と重なったことからフランス代表としての出場は彼らより劣るが、彼らのバックアッパーとしての役割は長年にわたって十分にこなしたといえよう。通算代表キャップは50試合4得点。

現役引退後は、ロサンゼルスに移住。

所属クラブ[編集]