エメ・ジャケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エメ・ジャケ Football pictogram.svg
Aime Jacquet dsc03582.jpg
名前
カタカナ エメ・ジャケ
ラテン文字 Aimé Jacquet
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1941年11月27日(73歳)
出身地 ロワール県
選手情報
ポジション MFボランチ
代表歴
1968 フランスの旗 フランス 2 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エメ・ジャケAimé Jacquet1941年11月27日 - )は、フランスロワール県出身の元サッカー選手、元サッカーフランス代表監督。

人物[編集]

フランスのサッカークラブチーム・サンテティエンヌに12年間在籍。その後、リヨンボルドーで監督を務めて優勝。1993年、ジェラール・ウリエの下でフランス代表のアシスタントコーチを務めていたがアメリカW杯欧州予選で敗退し、本大会出場を逃したのを受けてフランス代表監督に就任。エリック・カントナダヴィド・ジノラジャン=ピエール・パパンら当時のスター選手を外すなど、当初はメディアの批判にさらされていた。又彼らに代わって、ジネディーヌ・ジダンティエリ・アンリリリアン・テュラムなど移民、移民の子、移民の子孫を主力として据えた事から、国粋主義者に脅迫される事になった。フランスの極右政党である国民戦線などは「ラ・マルセイエーズも歌えない連中をフランス代表とは認められない」と罵ったものである。

ジャケはUEFA欧州選手権1996で準決勝進出と結果を出したものの、決勝トーナメントでは1点も取れずに終わった。1998年、地元開催のワールドカップ・フランス大会に臨むまでにはレキップ紙などに批判されるなどした。本大会が開幕するとグループリーグを全勝で突破し、決勝トーナメントでは1回戦でパラグアイを延長戦の末ゴールデンゴールで破り、準々決勝で強敵イタリアにPK戦で勝利。準決勝でもクロアチアをテュラムの2ゴールで撃破し、決勝で前回王者ブラジルと対戦することになる。その決勝でジャケがチームのエースに据えたジダンが2ゴールと活躍するなど、圧倒的な試合展開でブラジルを破りフランスにとってはじめてのワールドカップ優勝を果たした。結果として1998年7月12日深夜、パリのシャンゼリゼ通りは「アレ・ラ・フランス(行け!フランス!)」の大合唱となり、あたり一面トリコロールの海となったのは国粋主義者達にとっては皮肉である。

優勝とともに勇退し、以降はフランス・サッカー協会のテクニカルディレクターを務めていた。2006年12月、引退。

所属クラブ[編集]

指導者歴[編集]

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

  • フランスリーグ優勝 5回(1964年、1967年、1968年、1969年、1970年)
  • フランスカップ優勝 3回(1962年、1968年、1970年)

監督時代[編集]

FCボルドー

  • フランスリーグ優勝 3回(1984年、1985年、1987年)
  • フランスカップ優勝 2回(1986年、1987年)

フランス代表

外部リンク[編集]