ズマナ・カマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズマナ・カマラ Football pictogram.svg
Zoumana Camara (PSG).png
パリ・サンジェルマンFCでのカマラ
名前
愛称 Papus[1]
ラテン文字 Zoumana Camara
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
マリ共和国の旗 マリ
生年月日 1979年4月3日(35歳)
出身地 フランスの旗 コロンブ
身長 182cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC
ポジション CB
背番号 6
利き足 右足
ユース
フランスの旗 ラシン・クラブ・ド・フランス
-1996 フランスの旗 サンテティエンヌ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 フランスの旗 サンテティエンヌ 32 (1)
1998-2000 イタリアの旗 インテルナツィオナーレ・ミラノ 0 (0)
1999 イタリアの旗 エンポリ (loan) 12 (0)
1999-2000 フランスの旗 バスティア (loan) 27 (1)
2000-2002 フランスの旗 オリンピック・マルセイユ 42 (1)
2002-2004 フランスの旗 ランス 14 (0)
2003-2004 イングランドの旗 リーズ・ユナイテッド (loan) 13 (1)
2004-2007 フランスの旗 サンテティエンヌ 108 (0)
2007- フランスの旗 パリ・サンジェルマン 145 (3)
代表歴
2001 フランスの旗 フランス 1 (0)
2007 フランスの旗 フランス B 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ズマナ・カマラZoumana Camara , 1979年4月3日 - )は、フランスオー=ド=セーヌ県コロンブ出身のサッカー選手、元フランス代表リーグ・アンパリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはセンターバックマリにルーツを持つ[2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

マリ出身の両親の下[2]オー=ド=セーヌ県コロンブに生まれると、17歳の時に2部ASサンテティエンヌからプロキャリアを開始し、1997-98シーズンに2部ながらもレギュラーとして26試合に出場した。1998年6月にイタリア1部インテルナツィオナーレ・ミラノとオプション付きで2003年までの契約を締結した[3]カマラは、大きな期待を寄せられ、年代別代表で一緒だった同胞のウスマーヌ・ダボミカエル・シルヴェストルとプレーすることになったが、リーグ戦の出番は訪れず、コッパ・イタリアに2試合出場した[4]後、1998-99シーズン残りを同国1部のエンポリFC1999-2000シーズン英語版フランス1部SCバスティアに期限付き移籍で滞在した。

2000年6月1日にフランス1部のオリンピック・マルセイユと契約し[5]加入1季目英語版こそレギュラーだったものの、翌2001-02シーズンは控えにまわり、シーズン途中の2002年1月にラミーヌ・サコーとの交換移籍でRCランスと契約をした[6]。しかし、ランスでは定期的な脚の付け根の負傷から、同2001-02シーズン残りの試合に出場が出来ない状態にあり、翌2002-03シーズン開幕後も暫く出場出来ず[7]、復帰してからはジョエル・ミュレen)監督によって不慣れな右サイドバックに起用されて不本意な形に終わった[8]

2003年7月22日にイングランド1部リーズ・ユナイテッドAFCへ期限付き移籍で契約する[9]マイケル・デュベリールーカス・ラデベが開幕前に負傷していた影響もあり、序盤戦はレギュラーとして本来左サイドバックのドミニク・マッテオen)や中途加入のロッキ・ジュニオールとコンビを組み[10][11]、8月30日のミドルズブラFC戦(3-2)で初得点を挙げた[12]が、ピーター・リード監督からエディ・グレイen)監督に交代後は出番に恵まれず[13]、また、シーズン終了時に2部への降格を経験した。なお、シーズン終盤の3月にクラブの逼迫している財務状況を知り得ていたら、そもそも参加することはなかったと非難している[14]が、その一方で財政難を緩和するためにクラブから1月に契約解除の申し入れを拒否していた[15]

2004-05シーズンから復帰した古巣のサンテティエンヌでは、ヴァンサン・オニョンen)とコンビを組み、在籍3季でのリーグ戦欠場が僅か6試合のみと不可欠な存在として活躍した。2007年7月24日にパリ・サンジェルマンFCと4年契約を結び、アラン・カイザック会長からフランスで最高のセンターバックと評された[16]カマラは、ポール・ル・グエン監督の下でマリオ・ジェペスとコンビを組んで加入1季目ながらもリーグ戦全38試合に出場し、クープ・ドゥ・ラ・リーグでは優勝を果たす。以後のアントワーヌ・コンブアレ監督の下でもセンターバックの1番手として[17]ママドゥ・サコーサミー・トラオレシルヴァン・アルマンとコンビを組んでいたが、クラブの筆頭株主がカタールの政府系ファンドになってからは補強の煽りを受けて序列が下がっており、一時は退団を決心するもレオナルド監督の説得によって契約を2013年夏までに延長した[18]。その後、状況はより顕著になったものの、2013年6月[19]と2014年5月にそれぞれ契約を1年延長することに成功している[20]

代表[編集]

フランス代表としての出場機会はなかったが、ロジェ・ルメール監督の下でFIFAコンフェデレーションズカップ2001のメンバー入りを果たし[21]、 2001年6月1日のオーストラリアとのグループリーグ第2戦(0-1)で初出場を飾る[22]。以後の出場はなく、2005年にサンテティエンヌでの活躍から、レイモン・ドメネク監督によって負傷したリリアン・テュラムの代役として2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選スイス戦とキプロス戦へ向けて招集されている[23]が、出番は訪れなかった。

タイトル[編集]

代表
フランスの旗 フランス U-19
フランスの旗 フランス
クラブ

フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC

脚注[編集]

外部リンク[編集]