シドニー・ゴブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・ゴヴ Football pictogram.svg
Sidney Govou.jpg
名前
本名 Sidney Rodrigue Noukpo Govou
カタカナ シドニー・ロドリグ・ヌクポ・ゴヴ
ラテン文字 Sidney GOVOU
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1979年7月27日(35歳)
出身地 ル・ピュイ=アン=ヴレ
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 MDAシャセレイ
ポジション FW (WG)
利き足 右足
代表歴2
2002-2010 フランスの旗 フランス 49 (10)
2. 2010年6月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シドニー・ゴヴSidney Govou, 1979年7月27日 - )は、フランスオート=ロワール県ル・ピュイ=アン=ヴレ出身のサッカー選手。元フランス代表FW)。

来歴[編集]

U-21の頃から着々と実力をつけ、UEFA U-21欧州選手権スイス大会では準優勝している。所属クラブでは右WGを担当。敵のDFを置き去りにする抜群のスピードを発揮し、リヨンのリーグ7連覇に多大に貢献。

代表には48試合に出場し、10ゴール。FIFAコンフェデレーションズカップ2003の対日本戦では、決勝点を挙げている。[1]

2006年ドイツW杯では骨折で代表を外れたジブリル・シセに代わって急遽招集されたラッキーマンである。[2]ただ、準備が間に合わず私服のままドイツ入りをした。代表招集は2005年9月以来であった。ジネディーヌ・ジダン引退後は背番号10を引き継ぎ、2008年にはドイツW杯決勝のリベンジマッチとなったEURO2008予選の対イタリア戦で2ゴールを挙げ、勝利の立役者となった。

2009年1月14日の練習中にアキレス腱を断裂し、残りのシーズンを棒にふった[3]

2010年7月2日、契約満了に伴い、11年間在籍したリヨンを去り、パナシナイコスへ移籍した。しかし、パナシナイコスでは度重なる規律違反が目立ち、2011年7月2日に退団した。ゴブ自身はプレミアリーグ挑戦も考えていたが、3日後の7月5日に母国エヴィアン・トノン・ガイヤールFCへと移籍した。

人物[編集]

  • 既婚者であり、ガールフレンドとの間に1人の娘がいる。
  • 過去には飲酒運転で逮捕されるなどアルコール絡みのトラブルが多く、歯に衣着せぬ発言で物議を醸すことも多かったが、陽気な性格も相まって、若いチームメイトから慕われる存在であった。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

  • フランスの旗オリンピック・リヨン
リーグ・アン (7):2001-02, 2002-03, 2003-04, 2004-05, 2005-06, 2006-07, 2007-08
クープ・ドゥ・フランス(1): 2008
クープ・ドゥ・ラ・リーグ(1): 2001
  • フランスの旗フランス代表
FIFAコンフェデレーションズカップ(1):2003

脚注[編集]

  1. ^ “日本 vs フランス - 2003年6月20日”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/2003/0620.html 
  2. ^ フランス選手がシセ骨折に涙をこらえる”. 日刊スポーツ (2006年6月10日). 2012年8月19日閲覧。
  3. ^ uefa.com (2009年1月14日). “ゴブ、アキレス腱断裂で今季絶望”. 2009年7月11日閲覧。