ハテム・ベン・アルファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハテム・ベン・アルファ Football pictogram.svg
Hatem Ben Arfa (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Hatem BEN ARFA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
チュニジアの旗 チュニジア
生年月日 1987年3月7日(27歳)
出身地 イル=ド=フランス地域圏クラマール
身長 178cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ハル・シティAFC
ポジション FW (WG) / MF (OH, SMF)
背番号 34
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008 フランスの旗 リヨン 64 (7)
2008-2010 フランスの旗 マルセイユ 63 (9)
2010- イングランドの旗 ニューカッスル 76 (13)
2014- イングランドの旗 ハル (loan) 2 (0)
代表歴2
2002-2003 フランスの旗 フランス U-16 10 (7)
2003-2004 フランスの旗 フランス U-17 17 (11)
2005 フランスの旗 フランス U-18 4 (0)
2005-2006 フランスの旗 フランス U-19 6 (1)
2007 フランスの旗 フランス U-21 4 (0)
2007- フランスの旗 フランス 13 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月29日現在。
2. 2014年9月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハテム・ベン・アルファHatem Ben Arfa, 1987年3月7日 - )は、フランス出身、プレミアリーグハル・シティAFC所属のサッカー選手。ポジションはフォワード

来歴[編集]

クラブ[編集]

フランス語での正しい発音はアテム・ベナルファである。パリ郊外のクラマールで生まれ、クレールフォンテーヌ国立研究所に飛び級で入学。各世代の代表を経験し、2007年にA代表にも招集されたフランスの若き天才FW。ASサンテティエンヌスタッド・レンヌからもオファーがあったが、オリンピック・リヨンと15歳の時にプロ契約。プロデビューは2004年8月6日のOGCニース戦。当時リヨンを指揮していたのは元カメルーン代表監督のポール・ル・グエン

持てる才能を持て余してきた感が強かったが、2007-08シーズンには、これまでリヨンの主力であったフローラン・マルダの退団にともない開幕当初から左ウィングで起用されるや否や活躍を見せ、チームに不可欠な存在に成長した。しかしながら、怪我人の復帰もあり終盤にはベンチ生活を余儀なくされることが多かった。また、監督のアラン・ペランシドニー・ゴブを好んで起用したことなどから、2008年6月、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドなど、国外のビッグクラブからのオファーもあったが、フランス国内のオリンピック・マルセイユに移籍した。2009-10シーズンから監督の座に就いたディディエ・デシャンから正当な評価が得られないと起用法を巡って対立し、移籍を志願。しかしマルセイユ移籍後のパフォーマンスが低調であった事、性格的な問題がクローズアップされていた事などから、マルセイユ移籍当時のようにビッグ・クラブからは声が掛からなかった。シーズン後半からは監督との関係も改善し、レギュラーに返り咲いたものの移籍の希望は変わらず、翌2010-11シーズンの開幕後にニューカッスル・ユナイテッドFCへレンタル移籍することが決まった[1]

移籍先のニューカッスルでは素晴らしい活躍を披露したが、2010年10月3日のマンチェスター・シティFC戦でナイジェル・デ・ヨングの悪質なタックルを受けて骨折し、全治6か月の離脱を余儀なくされ、完全移籍が絶望的に思えたが、2011年1月5日、首脳陣から将来性を買われて、ニューカッスルに完全移籍することになった。2015年6月までの長期契約を結んだ。2011年9月のリーグ戦で約1年ぶりにピッチに復帰した。

2014年9月1日、ハル・シティAFCにレンタル移籍した[2]

代表[編集]

サミル・ナスリジェレミー・メネスカリム・ベンゼマ達と出場したU-17フランス代表では主力として欧州選手権に優勝した。この世代は現在「ジェレラシオン86(1986年生まれ世代)」と呼ばれた[誰?]。両親がチュニジア出身(父のカメル・ベン・アルファは元代表選手)であるため、ドイツW杯チュニジア代表にも招集されたが、時期尚早ということで断っている。フランス代表には2007年10月13日に行われたフェロー諸島戦でデビューし、初ゴールも挙げている。

2010年8月に行われたノルウェー代表との国際Aマッチでは新たに就任したローラン・ブラン監督に招集され久々の代表復帰となった。2010 FIFAワールドカップ開催時の練習ボイコット問題から選手の大半が入れ替わる事となったフランス代表は浮き足立った試合運びで格下と目されていたノルウェーに先制を許してしまうが、右ウィングとして途中出場したベナルファはピッチに入るや否やペナルティエリア外から左足で強烈なミドルシュートを放ち起死回生の一点を奪った。

エピソード[編集]

  • ユース世代の頃に過大な評価を受けていた影響からか、自身のプレーに過剰な自信を抱いており、リヨン時代にはセバスティアン・スキラシと練習中に喧嘩騒ぎを起こし、会長のジャン=ミシェル・オラスとも確執があった。マルセイユでもUEFAチャンピオンズリーグリヴァプールFC戦でモデスト・エムバミと喧嘩騒ぎをするなど精神面にも大きく課題を残す。しかし2010年、ディレクト・スポール紙のインタビューに対し、「マルセイユからの移籍を希望した時に自分の思うようなビッグ・クラブから声が掛からなかったことから、自分の立場を理解した」とコメントするなど、進境が見られる。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ハル・シティAFC (loan) 2014-

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ戦 欧州カップ戦 合計
試合 ゴール アシスト 試合 ゴール アシスト 試合 ゴール アシスト 試合 ゴール アシスト
オリンピック・リヨン 2004–05 9 0 0 0 0 0 4 0 0 13 0 0
2005–06 12 0 2 0 0 0 1 0 1 13 0 3
2006–07 13 1 1 0 0 0 1 0 0 14 1 1
2007–08 30 6 4 0 0 0 8 2 0 38 8 4
通算 64 7 7 0 0 0 14 2 1 78 9 8
オリンピック・マルセイユ 2008–09 33 6 4 2 0 0 13 2 2 48 8 4
2009–10 29 3 3 5 1 2 7 3 0 41 7 5
通算 62 9 7 7 1 2 20 5 2 99 15 9
ニューカッスル・ユナイテッドFC 2010-11 5 1 1 1 0 0 0 0 0 6 1 1
2011–12 26 5 6 4 1 0 0 0 0 30 6 6
2012-13 19 4 3 0 0 0 3 1 0 22 5 3
通算 50 10 10 5 1 0 3 1 0 58 12 10
総通算 176 26 24 12 2 2 37 8 3 225 36 29


脚注・出典[編集]

  1. ^ ニューカッスル、ベン・アルファ加入を発表 - Goal.com 2010.8.28
  2. ^ ハル、ベン・アルファも獲得 - Goal 2014.9.2