クレールフォンテーヌ国立研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレールフォンテーヌ国立研究所(クレールフォンテーヌこくりつけんきゅうじょ、Le Centre Technique National Fernand Sastre)は、フランス国立のサッカー施設である。ユースアカデミー(フランスに9つあるユースアカデミーのうちの1つ)があり、フランス中の優秀な選手が集められる。このアカデミーの出身者に、ニコラ・アネルカルイ・サハウィリアム・ギャラスティエリ・アンリがいる。

歴史[編集]

1976年フランスサッカー連盟会長は、国立のフットボールセンターを設立することを考えていた。6年後、フランスサッカー連盟はクレールフォンテーヌにセンターを建てることを決定。そのフェルナン・サストル会長の名を冠するセンターの建設は1985年に始まり、3年後の1988年1月に完成。1998 FIFAワールドカップ時には、フランス代表の合宿地になった。

ユース世代の強化[編集]

クレールフォンテーヌのユース・トレーニングでは、以下のようなことを教えている。

  • 判断を早く、より良くする
  • 効果的に、かつ能率的に動く
  • 利き足ではない方の足も使えるようにする
  • 精神学
  • 医学
  • フィジカル
  • ボールスキル(ドリブル、パス、ボールコントロール)
  • 戦術(ボール奪取、ボールを持っている選手のサポート、守備をしている選手のサポート、ポジショニングとスペースへの動き)

施設[編集]

クレールフォンテーヌは巨大なトレーニング施設で、敷地面積は56ヘクタールあり、合わせて66000も芝生のグラウンドがある。他にも人工芝グラウンド、スタジアム、トレーニングジム、レストランがある。また、選手寮も備えている。

著名な出身者[編集]


外部リンク[編集]