クラマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Clamart
Blason ville fr Clamart (Hauts-de-Seine).svg
Mairie de clamart.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) オー=ド=セーヌ県
(arrondissement) アントニー郡
INSEEコード 92023
郵便番号 92140
市長任期 フィリップ・カルテンバシュ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d’agglomération Sud de Seine
人口動態
人口 51,000人
2007年
人口密度 5815人/km²
地理
座標 北緯48度48分05秒 東経2度15分46秒 / 北緯48.801389度 東経2.262778度 / 48.801389; 2.262778座標: 北緯48度48分05秒 東経2度15分46秒 / 北緯48.801389度 東経2.262778度 / 48.801389; 2.262778
標高 最低:64m
最高:175 m
面積 8.77km²
Clamartの位置(フランス内)
Clamart
Clamart
公式サイト clamart.fr/
テンプレートを表示

クラマールClamart)は、フランスイル=ド=フランス地域圏オー=ド=セーヌ県コミューン

クラマール小郡の一部を構成するが、残りはプレシ=ロバンソン小郡に属する。

地理[編集]

現在、クラマールはジョルジュ・ブラッサンが歌にとりあげたクラマールの森(ムードンの森の名が有名)で二分されている。バ=クラマール地区は歴史ある中心部で、プティ=クラマール地区は1950年代にマメ畑から都市へと変貌した新しい地区である。この地区は、1962年8月に起きた、アルジェリア独立反対派(秘密軍事組織)によるシャルル・ド・ゴール暗殺未遂事件である、プティ=クラマール事件の舞台として知られる。

歴史[編集]

路面電車が走るかつてのクラマール

先史時代より人が定住していたことが、メンヒルの存在で推定されている。

7世紀からラテン語名Clemartiumとして知られていた。

古くから、クラマール墓地は死刑執行された死刑囚、特にフランス革命中はパリ5区ギロチン刑を課せられた者を埋葬してきた。この墓地内には公開解剖施設(en)もあった。1794年3月、パリから逃亡していたコンドルセは、クラマールの居酒屋で逮捕された。

1858年、写真家ナダールは気球に乗って世界初の空中撮影をプティ=クラマール地区で行った。1865年、アルフォンス・ドーデは『風車小屋だより』をクラマール滞在中に執筆した。

1982年2月24日、プティ=クラマール地区にあるアントワーヌ・ベクレール病院で、フランス国内初の体外受精によって新生児アマンディーヌが誕生した。

2004年11月11日、バ=クラマール地区にあるペルシー軍大学病院で、搬送されて治療を受けていたヤセル・アラファトが急死した。

交通[編集]

2013年にトラム6号線が開業する予定。

人口[編集]

フランス西部とのアクセスがあるモンパルナス駅に近接するため、過去100年間でブルターニュ出身者が近隣のコミューンを含め多数移住した。また、アルメニア移民が数多くクラマールに定住し、ニット産業に貢献した。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]