ドラ・マール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラ・マール(Dora Maar、Henriette Dorothée Markovitch, Henriette Theodora Marković、1907年11月22日-1997年7月16日)とは、フランスシュルレアリスム系統の写真家画家。生年を1909年とする文献もある(下記「アジェ、マン・レイ、ブラッサイのパリ」展の展覧会カタログ)

パリに生まれ(下記「Photographers A-Z」による。ただし、ユーゴスラビアに生まれとする文献(下記徳島県立近代美術館のウエブページ)やアルゼンチンとする文献(下記「アジェ、マン・レイ、ブラッサイのパリ」展の展覧会カタログ)もある)、パリに没する。

1930年代にシュルレアリスムに参加。ブラッサイと交流があった(ブラッサイと共同展を開催したこともある)。

一般的には、パブロ・ピカソ愛人の1人であり(1935年または1936年に出会っている)、ピカソのキュビスム風の女性像『泣く女』等多くの作品のモデルになったことで有名である。逆に、ピカソの「ゲルニカ」制作の様子を撮影した写真を多く残している。

日本での展覧会[編集]

  • 「アジェ、マン・レイ、ブラッサイのパリ」展(東京都写真美術館、1992年)
    • 出品作品(全3点)
      • No.89、二重の顔、Tête superposition、n.d.、28.0x22.5cm
      • No.90、モード写真、Photographie de mode、n.d.、29.4x25.4cm
      • No.89、モード写真、Photographie de mode、n.d.、30.0x22.2cm
  • 「シュルレアリスム」展(国立新美術館、2011年)
    • 出品作品
      • No.51、まねをする子供、1936年頃、パラジウム・プリント、51.0x38.0cm、Le Simulateur, Vers 1936, Épreuve au palladium
        • 曲がったというか歪んだ地下道のようなところで(アーチがあったりする)、後ろに反り返る子供
      • No.52、無題[幻想的]、1935年、パラジウム・プリント、50.7x38.0cm、Sans titre [Dnirique], 1935, Épreuve au palladium
        • こちらを向いた男が別の男を、別の男の背中が自分の右肩につくように右肩に抱えて、抱えられた男は反り返っていて、上半身半分だけがこちらに見える。奥には小さく19世紀ふうの服装(下着姿?)をした(やや太った)女性が写っている
      • No.112、無題[手-貝]、1934年頃、パラジウム・プリント、50.4x38.0cm、Sans titre [Main-coquillage], Vers 1934, Épreuve au palladium
        • 背景は雲に覆われた空(?)、下半分の砂地に巻貝が置かれており、その中から女性の左手首が出てきている

参考文献[編集]

  • 上記「アジェ、マン・レイ、ブラッサイのパリ」展および「シュルレアリスム」展の展覧会カタログ
  • Photographers A-Z, Hans-Michael Koetzle, Taschen, 2011, ISBN 978-3-865-1109-4

評伝文献[編集]

  • 「ピカソと恋人ドラ パリ1940-50年代の肖像」 ジェームズ・ロード/野中邦子訳、平凡社、1999

外部リンク[編集]