フォントネー=スー=ボワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fontenay-sous-Bois
Blason Fontenay-sous-Bois 94.svg
Eglise Saint Germain L Auxerrois Fontenay.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) ヴァル=ド=マルヌ県
(arrondissement) ノジャン=シュル=マルヌ郡
小郡 (canton) 2小郡庁所在地
INSEEコード 94081
郵便番号 94400
市長任期 ジャン=フランソワ・ヴォゲ
2008年 - 2014年
人口動態
人口 51 727人
2006年
人口密度 9 270人/km²
地理
座標 北緯48度51分06秒 東経2度28分38秒 / 北緯48.851667度 東経2.477222度 / 48.851667; 2.477222座標: 北緯48度51分06秒 東経2度28分38秒 / 北緯48.851667度 東経2.477222度 / 48.851667; 2.477222
標高 平均:m
最低:44 m
最高:111m
面積 5 58km²
Fontenay-sous-Boisの位置(フランス内)
Fontenay-sous-Bois
Fontenay-sous-Bois
テンプレートを表示

フォントネー=スー=ボワFontenay-sous-Bois)は、フランスイル・ド・フランス地域圏ヴァル=ド=マルヌ県コミューンヴァンセンヌの森の北端と接し、パリから約3km離れている。

由来[編集]

フォントネーとは、かつてこの領域内で流れ出ていた泉に由来する。フォントネーという名のコミューンは国内に31箇所あり、他と区別するためヴァンセンヌの森にちなみBoisをつけた。現在の名が定着したのは比較的最近で、18世紀にはFontenay-sur-le Bois de Vincennes、19世紀にはFontenay-sur-le-boisと呼ばれた。

歴史[編集]

ルブフ修道士が記した『パリ司教の歴史』によれば、初めてフォントネーが記録されたのは847年である。

シャルル5世は、フォントネーの泉の水をボーテ=シュル=マルヌの城へ供給していた。水道管は村落を通過していた。王の自由民たちは水道管の洗浄と管理を行う代わり、オオカミ狩りをする特権と税収を得ていた。

アンシャン・レジーム時代にフォントネー領主であったのは、サン・ヴィクトル修道院であった。ワインの生産が一帯の重要な経済活動であった。

交通[編集]

外部リンク[編集]