ヌイイ=プレザンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Neuilly-Plaisance
Blason Neuilly-Plaisance 93.svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=サン=ドニ県
(arrondissement) ル・ランシー小郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 93049
郵便番号 93360
市長任期 クリスティアン・ドゥミュワンク
2008年 - 2014年
人口動態
人口 20,304人
2008年
人口密度 人/km²
住民の呼称 Nocéen
地理
座標 北緯48度51分43秒 東経2度30分23秒 / 北緯48.8619度 東経2.5064度 / 48.8619; 2.5064座標: 北緯48度51分43秒 東経2度30分23秒 / 北緯48.8619度 東経2.5064度 / 48.8619; 2.5064
標高 平均:m
最低:37 m
最高:117m
面積 3.42km²
Neuilly-Plaisanceの位置
Neuilly-Plaisance
公式サイト http://www.mairie-neuillyplaisance.com
テンプレートを表示

ヌイイ=プレザンスNeuilly-Plaisance)は、フランスイル=ド=フランス地域圏セーヌ=サン=ドニ県コミューン

地理[編集]

パリの東約14km、アヴロン台地の南東にあたり、マルヌ川の北岸に市街がある。

由来[編集]

ヌイイとは、自治体名novale/isから派生したNobilia-cumに由来する。この言葉はマルヌ川のほとりで新たに土地が広げられたことを意味し、ラテン語のnovusとは新しいことを意味する。ヌイイの名称がつく自治体は84あり、名前が一致するのみならず、近年の開拓でなく古代の集落があったこと、ほとんどが川のほとりにあることが一致する。

プレザンスとは、マルヌの沼地を背景にもつ快適な場所であることを意味する。この名称は初期には集落の名前であり、ヌイイ=シュル=マルヌにある通りの名称でもある。

歴史[編集]

フランス革命前、コミューンの現在の場所はアヴロン城内の庭園となっていた。

ヌイイ=プレザンスは1892年、ヌイイ=シュル=マルヌから分離されコミューンとなった。

1964年7月10日法施行まで、ヌイイ=プレザンスはセーヌ=エ=オワーズ県に属した[1]。セーヌ県とセーヌ=エ=オワーズ県が再編され、セーヌ=サン=ドニ県が1968年に新設されると、セーヌ=サン=ドニに属することとなった。

交通[編集]

  • 鉄道 - RER A線ヌイイ=プレザンス駅

脚注[編集]

  1. ^ Journal Officiel, Loi n°64-707 du 10 juillet 1964 portant sur la réorganisation de la région parisienne