ヴァンセンヌの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァンセンヌの森・ドメニル湖の紅葉

ヴァンセンヌの森Bois de Vincennes)は、パリ中心部から東に4kmほどの場所に広がる森林公園である。

ヴァンセンヌからは南方にあたる。広さは9.947km2であり、ロンドンハイドパークの4倍、ニューヨークセントラルパークの3倍の大きさである。

この森はもともと王家の狩猟場だったが、フランス革命の後は軍の演習場になっていた。その後1860年ナポレオン3世によって市民のための公園になった。そして1929年にパリ市の12区に編入された。

森の北方にはヴァンセンヌ城がある。14世紀の王は好んでこの城に訪れた。森の南西には19世紀ルイ・フィリップの時代に建てられた砦がある。東にはヴァンセンヌ競馬場自転車競技場がある。また西には広さ14.5ヘクタールの動物園があり、アジアゾウを飼育しているほかムフロン英語版の住む高さ65mの人口岩山もある。他に花公園として整備された区画を有する。

また、4つの湖もある。これらの湖はマルヌ川とつながっている。

森の中にはまた万国博覧会の折にパビリオンとして建てられた仏教寺院が移設されている。

交通[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度49分41.05秒 東経2度25分58.50秒 / 北緯48.8280694度 東経2.4329167度 / 48.8280694; 2.4329167