タヴェルニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Taverny
Blason ville fr Taverny (Val-d'Oise).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) ポントワーズ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 95607
郵便番号 95150
市長任期 モーリス・ボスカヴェール
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) なし
人口動態
人口 26,228人
2007年
人口密度 2,503人/km²
地理
座標 北緯49度02分00秒 東経2度13分00秒 / 北緯49.0333度 東経2.2167度 / 49.0333; 2.2167座標: 北緯49度02分00秒 東経2度13分00秒 / 北緯49.0333度 東経2.2167度 / 49.0333; 2.2167
標高 最低:55m
最高:188m
面積 10.48km² (1 048ha)
Tavernyの位置(フランス内)
Taverny
Taverny
公式サイト http://www.ville-taverny.fr
テンプレートを表示

タヴェルニーTaverny)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県コミューン。モンモランシーの森の端に位置する。20世紀に入ってから、小さな村落であったタヴェルニーは急速に成長して、現在は人口25,000人を超える都市となった。フランス空軍第921タヴェルニー空軍基地がある。フランス軍の核抑止力部隊の中心は森の中の旧石切り場内にあったが、現在は廃止されている。

地理[編集]

パリの北西約20km地点にある。コミューンの南半分は標高55mから90mのモンモランシー谷で都市化されているが、北半分は標高90mから188mでほとんどが森林である。

歴史[編集]

ガロ=ローマ時代の名はTaberniacumであった。754年ピピン3世の憲章によってサン=ドニ修道院がタヴェルニーを所有した。

1806年6月の法令により、コミューンであったタヴェルニーはクレール=フォンテーヌ・シ=ドゥヴァン・サン=ルー(Claire-Fontaine cy-devant Saint-Leu)と合併しサン=ルー=タヴェルニーとなった。1915年、再度コミューンは分離され、タヴェルニーは単独のコミューンとなった。

19世紀初頭、タヴェルニーとベッサンクールの広大な石切り場では石膏が切り出されていた。鉄道駅に近接するという好条件のため、第二次世界大戦中にドイツに占領された時代には、ドイツ空軍の基地内に石切り場が設けられ弾薬製造に利用されていた。1946年、フランス空軍はこの基地を石切り場へ転用した。1957年、空軍の防衛管理部門が第921タヴェルニー空軍基地へ移転し、1961年には司令部と航空防衛部門が、1963年には航空防衛戦略部門が移転した。

交通[編集]

姉妹都市[編集]