パレゾー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Palaiseau
Blason Palaiseau.svg
HôteldeVillePalaiseau.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) エソンヌ県
(arrondissement) パレゾー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 91477
郵便番号 91120
市長任期 フランソワ・ラミ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération du plateau de Saclay
人口動態
人口 30 149人
2007年
人口密度 2619人/km²
地理
座標 北緯48度42分52秒 東経2度14分45秒 / 北緯48.714532度 東経2.245738度 / 48.714532; 2.245738座標: 北緯48度42分52秒 東経2度14分45秒 / 北緯48.714532度 東経2.245738度 / 48.714532; 2.245738
標高 平均:m
最低:47 m
最高:159 m
面積 11 51km² (1 151ha)
Palaiseauの位置
Palaiseau
テンプレートを表示

パレゾーPalaiseau)は、フランスイル・ド・フランス地域圏エソンヌ県コミューン

6世紀にフランス王領となり、18世紀に再び王領となった。シャルトルパリ間の主要道上にある。鉄道の到来によって19世紀に産業革命が起きた。よって労働者階級の町となり、バンリュー・ルージュ(fr、パリ郊外に広がる共産主義色の濃い自治体の総称)の一部をなした。1995年までフランス共産党出身の市長を出しており、現在も強力な左翼志向のコミューンである。

現在、コミューンにはグランゼコールのエコール・ポリテクニークエコール・シュペリウール・ドプティックfr)、国立先端技術学校の校舎がある。また、国立航空工学研究所(fr)、ダノンタレス・グループの研究所がある。

由来[編集]

20世紀初頭のパレゾー駅

ラテン語で宮殿を意味するPalatoliumより派生した。フランク王キルデベルト王の王城を指す言葉であったとされる。時にPalaizeauとつづられることもある。

歴史[編集]

キルデベルト1世の小さな城は、後にクロヴィス2世の妻バティルドが3人の息子たち(そのうち1人はクロタール3世)を連れて移り住んだ。城の近くには、聖ワンドリユが建てたという修道院があった。

754年7月25日、ピピン3世(小ピピン)はパレゾーの領地をサン=ジェルマン=デ=プレ修道院へ寄進した。この領地には現在のパレゾーのコミューン域のみならず、オルセー、ビュール=シュル=イヴェット、ジフ=シュル=イヴェットサン=レミ=レ=シュヴルーズサクレー、ヴォーアラン、ヴィルボン=シュル=イヴェットのコミューン域も含まれた。修道院に支払われる税金は重要な収入だった。

1262年にパレゾー領主が死んだため、ルイ9世はパレゾーを義理の娘であるジャンヌ・ル・ブランへ与えた。15世紀にル・ブラン家が断絶すると、アルヴィル家に嫁いでいた最後の当主の姉が継承した。アルヴィル家は一時パレゾーをイングランド貴族に奪われるものの、1436年に回復し、この家系は18世紀まで続いた。

17世紀、ルイ13世はパレゾーを侯爵領に昇格させた。1652年、パレゾーは黒死病流行にみまわれた。1758年に領主権がルイ15世に買い上げられるが、1760年にサン令嬢が王と領地を交換して新たな領主となった。1765年に令嬢が死ぬと、彼女の縁者であるコンデ公ルイ5世が継承した。彼はパレゾーとパレゾー城をフランス革命まで所有した。

1845年、ソー線の工事が始まり1846年に開通した。1854年には路線はオルセーまで伸び、パリ・オルレアン鉄道と連結された。シャルトル=パリ間の中継地点となったパレゾーは、パリジャンにとってアクセスしやすい場所となった。最初ジョルジュ・サンドデュマ・フィスシャルル・ペギーといった文筆家が、次は無名の富裕階級の人々が丘陵や谷に住宅を建てた。

1870年、パレゾーにガス灯工場ができた。同年9月、普仏戦争で35,000人のプロイセン軍がパレゾーを占領し、1871年3月まで居座った。この出来事で要塞による町の防衛の必要性を感じ、イヴェット川の谷を見下ろす位置にパレゾー要塞と砲台が設置された。

1880年、ソー線がグランド・サンチュールと接続されたことで、パレゾーは交通のハブ地となった。

1913年、電気の灯りが町にもたらされたが、第一次世界大戦でパレゾーは傷を負ってしまった。第二次世界大戦でもナチス・ドイツに占領され、ドイツ国防軍の大隊が2つ駐留し、親衛隊(SS)がヴィルボン=シュル=イヴェット城に駐留した。1944年8月、ルクレール師団が町を解放した。

パリのバンリュー・ルージュとしてパレゾーの町は成長し、エソンヌ北西部の焦点となった。

交通[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]